こりんごムーブメント

人生は一期一会(里親になるのか?!)

投稿日:2019-09-27 11:43 更新日:

 

「人生というものは、本当にタイミングでございます。

 

人生に遅すぎると言うことはない!

 

とよく言われますが、

 

人生に遅過ぎることもあるんです!」

 

 

おい、ちょっと待てや、その出だし、昨日と一緒やないかっ!

 

えへへ・・・

 

じゃあ、只今アタシが45歳で、妊活中ってのも、

妊活を決意したのは、なんと44歳の時ってのも、

 

知ってるよね。笑

 

やっぱり45歳の妊活はキビシイですぜ。

 

なぜか、今年の5月から不妊治療クリニックに通いだした途端、

 

毎月、卵胞の数が減っていく。(汗)

 

これは、年齢のせいだと言われるんだけれど、

4ヶ月前までは、6〜7個あった卵胞が、遂に今月2個になってしまった。

 

卵胞なかったら、どうやって子供作るねん。

 

卵胞が激減していく中。

 

こんなアタシの前に、とあるチャンスが転がって来たんです!




 

里親になる!

 

 

えっ、遂に、こりんご 里親になるのか?

 

 

そう、それは先日の土曜日のこと。

 

ウチの相方ジョンさんが、友達と飲みに出かけるということで、夜8時過ぎに出て行った。

 

それから10分くらいしてジョンから電話が かかって来る。

 

「今、オレンジキティを見つけちゃって、

多分、ストリートキャットだから、レスキューしたい!」

 

おおお、遂にウチらも猫を飼う時が来たのか!

 

え、まさか、里親って・・・

 

捨て猫さんを引き取るってことか!(紛らわしいな。)

 

でも、どうしよう

猫アレルギーも喘息も持ってるけど?

人生で猫を飼ったこともないし、

 

あまりに急過ぎて、猫を受け入れる準備が全く出来ていなかった!

 

「どうしよう、友達とバーで待ち合わせてるから、今は猫を連れてはいけない、」

 

え、アタシに猫を拾いに来いと言っているのか?

もう夜の9時も過ぎてシャワーも浴びて寝るところだぞっ!

 

「とりあえず、どんな猫か写真撮って送ってよ。」

 

「まだ子猫で、タマタマ付いているから、レスキューしたら、去勢の手術してあげないとだね。」

 

そして送られて来た写真が、

 

カワエェ〜!♡

でも、ピンボケでよく見えねぇ〜。

 

 

ちっちゃ~い! 子ネコさん。♡♡

 

ビデオも送ってもらいましたよ。

(最後に動画お披露目!)

 

どうしよう、今から、仔猫さん拾いに行くべきか?

でも、もう寝る準備万端だぜ?

 

今から拾いに行ったら、ジョンは友達と飲みに行くから、アタシ一人で猫さんの対応するのだ!




 

家に連れて帰って来たら、ストリートキャットだから、

お風呂に入れてあげカラダを綺麗に洗ってあげないと、

でも、まだ予防注射もしてないし、

不意に噛まれたらどうする?

妊活中のアタシなので、余分な細菌摂取は困るし、

卵子のクオリティーを上がるため早寝しなきゃなのに、

猫を拾いに行ったら、きっと徹夜だ!

 

でも、今拾いに行かなかったら、もう会えない可能性は高い。

 

それでも、縁があれば、仔猫さんはきっとやって来る!

 

で、ジョンが飲み会の後に、まだ子猫さんがいたら拾って来ると言った。

 

と言うことで、安心して自宅で待つことにした。

 

猫など飼ったことがなかったので、我が家に猫を招き入れるにあたって、どうすればいいのだろうか?

 

とりあえず、寝床となるベッドが必要だ。

こんなんでいい? 笑。

 

 

このケースにバスタオルを敷いて寝てくれるだろうか?

もちろんストリートキャットなので、トイレのしつけもしていないから、今夜はどこでもオシッコされる覚悟は決めて、古新聞を用意しておこう。

キャットフードがないから、ツナ缶に冷凍ご飯を温めて混ぜて食べさせたらいいかな?

ミルクは、ウチにはアーモンドミルクしかないけれど・・・

 

と、猫飼い初心者のアタシは、そんなことを心配しながら、仔猫さんがやって来るのを待っていた。




 

いや、今思えば、まだ寝ないなら、自分、拾いに行った方が早いんちゃうの?

 

午後11時頃、ジョンからメッセージがあった。

 

「オレンジキティが見つからない!」

 

 

えぇぇぇ!

 

 

大きく落胆したが、こうなることは分かっていた自分もいて、それにも驚いた。

 

あんなに可愛くて人懐っこい仔猫だもん、もう誰かに拾われたに違いない。

 

しかし、なんだ このガッカリ感は?

 

あの時、いらん心配せんで、サッサと拾いに行っていれば、今ここに子猫がいたのに!

でも、いたら、ただでさえ妊活とワードプレスデビューで てんてこ舞いの上、

ラジオ編集とビデオ編集と、仕事とって、

 

新しい生命を育てる余裕などなかったじゃないか?

 

でも、為せば成るじゃない?

 

そんな複雑な思いが巡って、

 

ただ、あの子猫は もういないと言う事実だけは現実として突きつけられた。

 

ジョンも動物大好きなので、2人とも 心が納得していないようだったので、翌朝、子猫捜索に再び出陣した。

 

では、その模様と結果は、動画でご覧下さい!

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録もよろしくね。

 

人生は、常にタイミングです!

来たチャンスは掴めっ!

 

今回こそ、人生は一期一会だと思ったことはないよ・・・。

 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

猫好きスーパーキャットラバーでオンラインショップまで設立した、小林ゆいさん!

前編は、ガン黒ギャルから大学生に、有名企業就職で、寿退社!憧れの専業主婦に!

 

後編は、憧れの専業主婦になっては見たが・・・

専業主婦がNYでいきなり社長になった!

 

嫌いなことはやらない!

好きなことだけやってたら、こうなりなした。

 

 

 

 

    

 

 

-こりんごムーブメント

Copyright© NYこりんご , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.