高齢妊活

開き直り妊活

投稿日:2019-11-07 12:35 更新日:

 

 

11月に突入で、肌寒くなって来たニューヨーク。

 

やや哀愁漂って、物哀しい季節ではありますが。

 

アメリカは、ホリデーシーズンに向けて浮き足立って来る頃かな。

 




 

なんだろうか、こう北風がヒュルルルルと吹き抜けて、本当に身に染みるのに、

 

アタシにもホリデーは来るみたいな?

 




 

しかし、今日という日は、さすがに落胆が底をついた感じだ。

 

今回が、45歳 最後の採卵になるので、

2019年の妊活を笑って締めくくりたかったのだが・・・

 

前回のモニタリングで、卵胞が、たった3つしかなくて、

卵胞刺激の注射を、お情けで打ってもらったが、

 

特に成果は見られず・・・、( ノД`)

 

それどころか、ホルモン数値が悪化しまくった。

 

SFHが、これまで最高の23まで上がってしまって、

おい、もう閉経かよってツッコミたくなる。

 




 

2019年最後の、45歳 最後の採卵なので、今度こそは、どんな結末でも採卵に臨むぞと前向きではいたのだが・・・

 

その後、5日間クロミッドを半錠飲むよう指示されて、再びモニタリングにやって来た。

 

 

恒例の、クリニックのおやつは、ウォールナッツのバナナパウンドケーキ。

 

仕事前に、モニタリングに行くので、もう飛び起きて、シャワー浴びて出かけるからさ、

 

ブレックファースト化してる?

 

朝9時から仕事なので、8時にはクリニックに到着したかったが、8:20amになってしまった。

 

まぁ、そこまで待たされなけれな、モニタリングは30分もあれば終わるし、

ギリギリ仕事に間に合うな。

 

そして、順調に血液検査を済ませ、

 

さぁ、ソノグラムだよっ!

 




 

やった〜、今日のソノグラム技師さんは腕がいい人だ!

 

「じゃあ、チェックするわね〜。」

 

テキパキと、確実にソノグラム検診してくれる。

 

「子宮内膜は6.8mm

 

じゃあ、左から見ていくわね。

14mmが一つと、あとは小さいので、

 

右は、う〜ん、10mmが一つあるけれど、もしかしたらシストかもしれないから血液検査の結果を待ってね。」

 

なんと3つあった卵胞は、刺激剤を打ったにもかかわらず、また一人だけ大きくなっちゃって、

 

しかも、もう1つはシストかもしれなくて、

で残りはメジャーも出来ないほど小さかった。

 

もう、刺激しても、やっぱり、この ご老体には反応しないんだな。

 

だったら、もう、一切の薬、バースコントロールピルも含めてやめたい。

 




 

「じゃあ、この後、ドクターとの話し合いだから、待っててね。」

 

「えっ、今日、ドクターと面談になってるんですか?」

 

「そういう予定になってるわよ。」

 

マズイな、仕事遅刻するよ。

しかも、また50ドル、ドクタートークでエクストラチャージかかるな。

 

「都合悪いの?

じゃあ、次回にする?」

 

う〜、採卵前の予定とか、この卵胞の状況の悪さとか聞いてみたいな。

 

これは、仕事に遅刻しないことよりも大事である。

50ドル セーブしている場合ではない!

 

「では、ドクター面談待ちます。」

 

また待合室で、ドクターとの面談を待つ。

 




 

5分か10分くらい待って、

今、ドクター面談をキャンセルすれば、まだ仕事に間に合う。

 

やっぱり、ドクター面談キャンセルしようかなと、受付に言いに行こうとしたら、

 

ナースがやって来て、アタシの顔を見てるから、アタシを呼びに来たか?

 

「ユゥ・シエン!(仮名)」

 

めっちゃ中国人の名前だったっ!

 

も~、アメリカ人にとっては、アジア人は、日本人も中国人も一緒に見えるのね。

 

やっぱ、キャンセルして仕事に行こうとしたら・・・

 

はっ、あの白衣、あの笑顔、

 

香港俳優風、ドクターLのお出ましっ!

 




 

いつもは、ナースが呼びに来るのに、

な、なんと、憧れのドクターLが、

直々に待合室まで、こりんごを呼びに来てくれた。

 

もう、こりんご、人生最初の採卵を、彼にやってもらってから、ゾッコンラブである。

 

しかも、ミーハーで、ここのクリニックのセレブドクターZの担当で来たくせに、

セレブドクターが忙しすぎて、庶民を相手にせず、

いつの間にか、担当医は、ドクターLになっていた。

 

しかし、こちらもドクターLの方がいいので、

モニタリングのレビューは、ドクターLと一応、担当医のドクターZ以外はしないでくださいと申し出ている。

 

で、いつの間にか、ドクターLは、こりんごの担当医になっていた。

 




 

さぁ、マイラブとの面談よっ!

 

とはいっても、50ドルもチャージするくせに、

モニタリング室の前の廊下で立ち話。

 

廊下にも、モニタリングルームと同じ数のPCが設置されていて、

 

もう、ニューヨークらしく、スタンドバー的な?

はたまた、立ち食いソバ的な?

 

どちらともいえないような、雰囲気でドクター面接。

 

「今回は卵胞が少なくて、

右に14mm、左に10mmがあるけれど、

 

この10ミリは、前回の10.5mmのものだったら、卵胞は大きくなるもので、小さくなることはないから、卵胞ではない可能性があります。」

 

「えっ、( ゚Д゚)

つまり、今回、卵胞は1個ってことですか?!」

 

「まだ血液検査の結果が出いないのと、

この10ミリが、前回の10.5ミリじゃない可能性もあるので、もうちょっと育ててみましょう。」

 

「先生、もう私の年齢じゃ、薬に反応しないんですかね?」

 

「そんなことはないよ、とりあえず、刺激剤はストップして、排卵を引き延ばして育ててみよう。」

 

「前回は、卵胞が7個もあったのに、今回は1つしかないなんて、

これって、薬のせいじゃないですか?

 

もう、こうなったら、一旦、薬を完全に止めて、年明けに再挑戦するってのはどうですか?」

 

素人、45歳の癖に、大胆な提案を申し出る。

 

「ちょっとお休みしたいかい?」

 

「休んでる場合ではないんですが、

どうも薬を使うと、結果が思わしくないような気がするんです。

 

体から薬を抜いたら、またいい結果が出るかなと思って。」

 

「いいですか、前回、卵胞が7個あったのは、1サイクル分ではなくて、2サイクル分なんだよ。

 

簡単に言うと、エレメンタリースクールの子(小学生)とミドルスクールの子(中学生)が同じ教室にいても、先に成長するのは中学生だよね。」

 

Wow!!!!

めっちゃ分かりやすいっ!

 




 

アタシ、45歳なのに、卵胞が7個もあってスゴイじゃんって、己の繁殖能力を過信してたんだけれど、

 

言われてみれば、6〜7個 卵胞が見られた翌月のサイクルは、2〜3個しかない気がした。

 

それは、薬のせいで卵巣が疲れちゃったんだとか思ってたんだけど、

 

単に、前サイクルの卵胞ちゃんと合同クラスにいたってことだ。

 

だから、元々、アタシは、毎サイクルでは、2〜3個しか卵胞をプロデュース出来ないってことで、

 

45歳にしては、やるじゃん自分と思っていたのだが、

 

あぁ、やっぱりアタシ45歳なんだって、思い知らされた。

 

残念ではあるけれど、

それに気づけてよかった。

 

でなかったら、アタシは6個前後の卵胞を作れるのに、今回は3つしかない!

 

って勘違いしちゃうわけよ。

 

それで、じゃあ今回は1つしかないから採卵スキップしようって、前回の採卵みたいに、1個 立派な主席卵胞がいたのに、棒に振っちゃった。

 

無念!
ユダヤ教最大の祝日Yom Kippurに採卵の行方を決断。

    昨日は、Yom Kippurと言うユダヤ人の祝日で、   え、先週もユダヤ人のホリデーじゃなかったって思うよね。   先週は、Rosh Hashanah ...

続きを見る

 

 

たった一個しかない卵胞ちゃんなのに、

その子がノーマルで、質がいいかなんて、わからないわけで、

 

とんでもないギャンブルに出るわけだけど、

ギャンブルも賭けてみなくちゃ、ジャックポットだって出せないしね。

 

毎月、卵胞を2〜3個しか作れないんだから、

 

1個でも大金かけて採卵してもらわなきゃ前に進めないっ!

 

やっと現実に気づいて、現実を受け入れられましたよ。

 




 

も〜、高齢妊活はスピードが命なのに、

 

なんでアタシ、いつも気づくの遅いかなぁ。

 

40歳を超えた妊活の方!

 

45歳までは大丈夫って言う、変な思い込み捨てて下さいっ! (そんな風に思ってたのアタシくらいか?)

 




 

「先生、じゃあ、今回も一個だけってことですね。

 

でも、この調子だと、1個でも採卵していかないとってことですね。」

 

「今日から注射を打って、排卵を引き延ばすから、

あの10ミリが、10.5mm だった卵胞じゃなければ、これから育っていって、2個って可能性もあるから!」

 

あぁ、キビシイ高齢の採卵事情・・・。

 

「では、採卵予定はいつくらいになりますか?」

 

「日曜日か月曜日だね。」

 

「先生、いらっしゃいますか?」

 

「えっと、私は〜、日曜日はいるよ!」

 

「あ〜、じゃあ月曜日だったら、いらっしゃらないのね!」

 

「月曜日?

うん、じゃあ、君のためにいるよ!」

 

 

いや〜ん、嘘でも嬉しい〜!😍

 

 

あぁ、女は、こうやって男にたぶらかされるんだな。

 

嘘でも好きっていって欲しい!

 

みたいな。。😅

 

そして大金を貢いじゃうんだよ!

 

もう、一個採りの採卵、ドクターLなら、惜しくないっ!

 




 

あ〜あ〜、でも、今回のサイクルは、正直自信ないのよ。

 

夜更かししてた。

外食が多かった。

運動が足りなかった。

腎盂炎で抗生物質飲んだ。

ホルモンバランス崩れまくった。

懇詰めて、多分ストレスも多かった。

 

おい、めっちゃダメダメやんっ!

 




 

12月は、こりんごの誕生日です。

遂に46歳になってしまうんです。

 

45歳で妊娠すると安易に考えていた自分にムチを打ちつつ、

 

アタシにとっては、とても大事な月なので、

 

ご自愛月間で行くつもりです。

 

一切のストレスフリーを避けて、

充実、満喫させるつもりなんです。

 




 

だから、来月は、採卵もしないんです!

 

えっ、さっきまで採卵をミスってる場合じゃないと言ってたそばから、採卵スキップかよっ!

 

うん、矛盾してるよね。

 

確かに、採卵休んでる暇はないのよ、

 

でも、卵を作るのは、このアタシ自身で、

 

アタシは、自分の生まれた誕生日を、今まで蔑ろにして来たので、

3年前から、自分の誕生日は、超特別に自分でプロデュースしてお祝いしてるのよ!

 

その誕生日が、ちょうど採卵にぶつかる感じなんだけど、

 

自分が、いろんなものを犠牲にして、我慢して採卵に専念するんじゃなくて、

 

身も心にハッピーで、46歳を悔いなく迎えて、

2020年に、なんかスゴイことになりそう!

 

年納めで、今回の採卵で、納めくくりたかったけれど、

 

上記のように、自信のないサイクルで、

これに大金叩くのかよって、

 

それを言い訳に、採卵スキップしたら、

また反省もせず、生活不摂生に陥って、

 

同じように卵胞の育ちが悪くて採卵スキップ、

 

悪循環になるから、

 

今回は、自分の生活習慣が悪くて、結果も悪く出る可能性が高いけど、

 

これは、いわゆるパニッシュメントで、

自分の妊活養成を怠った代償として、

 

上手くいかないかもしれない採卵にも投資するのだ!

 




 

ということで、採卵 真近な こりんごですけれど、

 

あ、そうそう、こんなに切羽詰まってるのに、

 

妊活クラブのイベント、オーガナイズしております。

 

11月17日(日)のイベントに、参加出来る人は、ぜひ、おいでやすっ!

 

 

イベント詳細は、コチラ!

イベント詳細
そりゃ妊娠しないわ!(女性ホルモンの秘訣と妊活耳寄り情報)

    それじゃ、子供 生まれないわな・・・。   なるほどな夜でした。     45歳の妊活は、予想通り、そして期待以上に厳しいです・・・。 &nb ...

続きを見る

 

妊活ワークショップと、体験の後は、交流会の時間も設けているので、

 

そのころには、今回の採卵の結果が出てるだろうから、

ぜひ、こりんごの愚痴も聞いて~。笑。

 

 

本日のNYこりんごラジオ、過去放送ピックアップは、

ヒプノティストのシエリさん!


退行催眠を、妊活にも使っていただきました。


 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.