あぁ、Japan! こりんごムーブメント

アンチのメカニズムを知る。(我が母はプリマドンナでアンチだったw)

投稿日:

 

 

 

思いもしない視点から、

物事を見ると、

全く違った世界が開ける。

 




 

あ、今日クリスマスイブですね。

アタシは帰国72時間前のPCRテスト受けて来ましたよ。

 

(これ、昨日のイブに書いたブログです、悪しからず)

 

つまり日本帰国まで遂に72時間を切ったわけですが、

ちょうどオミクロン感染拡大したアメリカなので、

自分は感染していないか、

タイミングよく検査が出来てよかったわ。

 

陽性だったら、帰国キャンセルだけど、

もう、すったもんだしてたので、

それはそれで帰国に悩まなくていいかとあっけらかんである。w

 

毎日変わるオミクロンによる日本の水際対策にも、

振り回されなくて済むしな。

 




 

先日、全米からの日本帰国は、3日間の強制隔離が決まったが、

昨日、ニューヨークとハワイの6日間隔離組に、

新たに加わったのが、マサチューセッツとイリノイ州!

 

えぇ、ボストンとシカゴを抱えるビッグステイツですよ。

 

12/26午前0時より施行されるので、

つまり、年越しは強制隔離組となるわけです。

 




 

こう言った規制強化で、

やむを得なく帰国をキャンセルした人もいるでしょう。

 

アタシは、もう6日間の強制隔離も受け入れ、

14日間の強制隔離すら覚悟していたし、

 

アンチに「騒ぎ過ぎ、帰って来るな!」

と言われても、

 

それは他人が決めることでもないから、

規制の変化で、気持ちも揺らいでいたんですが、

 

自分の中では、きっぱり帰国を決めておりました。

 




 

ところが、ここへ来て、

まさかのエモーショナルキャンセル?

 

自分の意志に反して、

帰国をキャンセルした方がいいかもしれない?

そんな状況に陥っておりました。

 

土壇場に来て我が母の嘆き。

 

母の思い
「親の心 子知らず」な正月帰国の行方。

      自分の人生は、自分で決める。 決断するのは自分!   と言い張って来た自分だったが、 そうは行かない事情もあると、 思い知らされた。   ...

続きを見る

 

隔離が長過ぎて会える時間が短過ぎ、

会ったらもうお別れなんて、辛過ぎるから、

延期して欲しいと・・・。

 

5年も待ったから、あと半年くらい待てる!

せめて10日くらい一緒に過ごせる時間があるなら、

帰って来てもいいと、

 

涙ながらに訴えられました。

 




 

元々は、自宅隔離を2週間、実家で母とのんびり、

お正月を過ごす予定での帰国だったのに、

 

オミクロンの登場で、元旦三が日強制隔離が決まり、

予定を3日早めたにも関わらず、

 

翌週には6日間の強制隔離が決定で、

神は正月三が日を母と過ごさせてはくれなかった。

 




 

そこへ来て、今度は同じフライトにオミクロン感染者がいたら、

濃厚接触で14日間の強制隔離になったため、

 

高い確率で14日間の強制隔離。

 

その後、実家に戻れるのは、

たった4日間になってしまったのだ。

 




 

それでも、全く会えないよりは、

4日でも会えた方がいいだろうと、

母に会うために、この14日間の強制隔離も頑張れる!

と思っていたら、

 

その母が、4日しか会えないのに、

お別れが余計に辛くなる!

 

とか言い出したのだ!

 




 

これは、まさかまさかの発想で、

思いっきり想定外だった。

 

本当に、個人個人の考え方って、千差万別。

 

それで、妹にも相談してみた。

 




 

 

ぬーん♪

 

とは?

 

結構、真剣に相談してたのに、

そのユルユルのスタンプは、どう言うつもりか?

 




 

スタンプではなくて、文字で応答してくれと頼んだら、

直ぐに電話がかかって来た。

 

 

「もしもし」

 

「あのスタンプは、どう言うつもり?」

 

「あぁ、だって全然分からないから。」

 

「全然分からないって、

この状況で、お母さんの為に帰らない方がいいのかどうなのか、

何か、意見ナシ?」

 

「だって、私は、1日でも逢いたい人だから、

お母さんみたいに4日しか会えないならヤダとか言う気持ちが分からない。

だから、あのスタンプ送るしかなかったw」

 

「あぁ、そう言う事か、

 




 

なんか、もう5年も会ってないから、

お母さんのために帰国とか思ってたけれど、

まさか、それで、もっと辛い思いさせるとは思わなかったからさ。」

 

「お母さん、わがままじゃない?

何、辛いって?

 

辛いのは、お姉ちゃんの方じゃないの!

14日間も隔離させられるんだよ?

 

お母さんがどうのじゃなくて、

自分はどうなの?

 

高いお金と貴重な時間を使って帰って来るのに、

14日間も隔離されて、

家族にもろくに会えないのに、

そんなんで、帰国する意味あるの?」

 




 

「隔離は大丈夫だよ、

万が一隔離が14日間になっても、

ウクレレ持って行って練習しようと思ってる。」

 

「はぁ?

ウクレレ?

何、それwww

 

14日間も隔離されるのに、

ウクレレ弾いてるから大丈夫って、

 

それも、スゴイな。www

 

なんか、お母さんも、4日はヤダとか意味わかんないけれど、

ウクレレ14日間弾くから大丈夫って姉も姉だよ!w」

 

えっ、ウクレレの何がいけないのかwww

 




 

「えっ、じゃあ、ウクレレ弾いて隔離もHappyなら、

何を迷ってるの?」

 

「何って、お母さんの為に帰ろうと思ったら、

それが逆に母を傷つけることになって、

だから・・・」

 

「でも、ウクレレ弾いて隔離乗り切れるんでしょ?

もう、14日間の隔離無理です!

って感じじゃないんでしょ?

 

お姉ちゃんが、本当に14日間の隔離が苦痛じゃないなら、

帰ってくればいいんじゃない?(ウクレレ弾きにw)」

 

「ウクレレを強調してるようだけれど、

ウクレレ弾きたくて帰るわけじゃないからね。

 

出来れば隔離したくないけれど、

高い確率で隔離になるだろうから、

じゃあ、まぁ、隔離を楽しくウクレレでって、

そういうノリだから。」

 




 

「どういうノリだろうとスゴイよ、

14日間も監禁OKなんでしょ?

そこが問題ないなら、帰ってくればいいじゃん?」

 

「でも、お母さんがさ・・・。」

 

「あぁ、あれは、タダのわがままだから、

もう、直ぐ悲劇のヒロインになっちゃうのよ。

年取ると、涙もろくもなるから、

 

母は、たんなるプリマドンナだったのかwww

 




 

でね、お母さんは、

なんでも、まずは、Noって言うんだよ。

 

オリンピックの時も、

せっかくのオリンピックだから、

 

前回の東京オリンピックは、

お母さんが16歳の時だったんだし、

 

次の東京オリンピックなんて、もう見れないし、

アタシもお姉ちゃんも見れないよきっと、

 

だから、オリンピックを感じるために、

東京に来いって誘ったけれど、

 

「コロナが蔓延してるから東京には絶対に行かない!」

 

って頑固だったんだよ。

 




 

Noの一点張りだったんだけれど、

結局は、無理やり東京に連れてきたら、

アタシ以上にオリンピック楽しんじゃってさ、

来てよかった~!だってよ。

 

ウチのオカンは、もう、なんでもかんでもNoから始まるから。

しかも、全てネガティブマインドで入るからw

 




 

今回のお姉ちゃんの帰国も、それと一緒。

4日しか会えないなんて、お別れが辛いって?

 

10日だろうが、1ヶ月だろうが、

どっちにしたって別れは辛いんだよ。

 

絶対4日でも逢えれば、よかったって思うから、

 

って言うか、4日でお別れが辛いから、逢いたくないっていうなら、

お姉ちゃん隔離終わったら、東京のアタシの家にいて、群馬に帰らなければいいよ。

 

そうなったら、絶対に4日じゃヤダとか言ってたくせに、ノコノコ東京に会いに来るから。

 

母は、いっつもそうなのよ、

何でもかんでも否定から入るから。」

 




 

「へ~、スゴイね、

Noと言えない日本人が多い中、

Noしか言えない母ってwww」

 

「あはは、そうなのよ、もうノーしか言わないから。

 

でもね、泣いたりわがまま言ったりしてくれてるだけありがたい!

それだけ、まだ感情的にも元気ってことで、

そう言うのなくなったら、逆に心配だよ。」

 

「そうだね、

じゃあ、4日間じゃ嫌だとか言ってるけれど、

強引に帰って来ちゃっていいかな。」

 

「隔離が問題なくクリア出来るならウクレレもあるしw

そこ問題ない限り、迷うことはないと思う。」

 




 

「もうね、母は、悲劇のヒロインだから、

嫌よ嫌よも好きのうちなのよ。

 

そう言えば、お姉ちゃん、帰国のブログに、読者から帰って来るなとか、

アンチコメントが付いたって言ってたよね。」

 

「そうなのよ、日本に住んでる日本人は、

やっぱり海外からの帰国者をよく思ってないのかしらね。」

 

「まぁね、日本人は、自分と違う人を攻撃したくなる習性があるからね、

どうしても、違うことしてる人、違う考えや行動をとる人を叩く傾向あるし、

 

自由の尊重とか言ってるけれど、その自由はかなり不自由に回ってる。

だって、自由に何かすると叩かれるから、全然自由じゃない。

 

輪を乱せない、よく言えば協調性があるんだけれど、

息苦しい面はいっぱいある。

 




 

ワクチン接種も進んでるけれど、

かたくなにワクチンを拒んでいる人もいて、

 

ウチのサロンでも、従業員の半分はワクチン済みで、半分は未接種だよ。

 

別に、ワクチン接種は個人の自由だから、

ワクチンを打たない人がいてもいいんだけれど、

 

そのワクチン打たない人が、ワクチン打っている人を批判したり、

ワクチンの危険性を他人に煽って、

ワクチンは危険だとか、人に押し付けるのはどうかなって思う。」

 

「アメリカは、政治がらみで、

保守派、共和党寄りの人たちがワクチンを拒む傾向があったけれど、

今や、ワクチン打たなきゃ、仕事クビになるとか、

レストランや、イベントに行けないとか、

旅行出来ないとか、

生活に支障が出て来てるんで、もう、半強制的にワクチン接種進めてるよね。

 

ワクチン打ったら、100ドルもらえるとか、

そこまでしてワクチン打たせるようにしてるからね。」

 

「そうだよね、自由の国アメリカって言うけれど、

そう言う風に、国が、強制的に仕向けてもいいと思う。

 

結局日本は、中途半場に自由で、

でも、その自由は、どういうわけか不自由に捻じ曲げられるんだよね。」

 

「日本の憲法に基づいちゃって、そこまで規制も出来ないんでしょ?」

 

「そうなんだよね。」




 

「でね、さっきのアンチコメント付いたって話、

あの、アンチの存在って、

結構、大事だったりするんだよ。」

 

「えっ、アンチが大事ってどういう事?」

 

「結局は、お母さんも、No、Noって言い張って、

反対ばっかりするからアンチなわけよ。」

 

「あはは、ウチの母、アンチだったんだwww」

 

「そうだよ、わざわざ帰国するって言ってる娘に、

4日しか会えないなんてヤダとか、わがままだし、

 

この帰国で、損する人って、お姉ちゃんなんだよ、

高いチケット買って、時間もかけて、隔離されて、

 

それをウクレレ弾くから大丈夫って言う心理は分からないけれどw

 

全部リスク取ってるのはお姉ちゃんなのに、

なんのリスクも取ってないお母さんが、

お別れが辛いから、ヤダとか、Noとか、言える立場じゃないんだよ!

 

そんなの、タダのアンチと一緒じゃない?

 

まぁ、お姉ちゃんのブログとか、SNSのアンチは、顔の見えない匿名な分、

好き勝手言い逃げ出来るけれど、

お母さんは、身元が割れててるから、まだ正当なアンチwww、

 




 

で、アンチは、もう文句しか言わないの。

 

だけどね、これ覚えていておいて、

 

文句ばっかり言ってるんだけれど、

悪口も叩いちゃうんだけれど、

 

お姉ちゃんのことが大好きなわけよ。

 

ネガティブなコメントでも、

そこには怒りのエネルギーが存在してるでしょ?

 

それって、スゴイ、お姉ちゃんのことが好きすぎてたまらないのよ。

 

だって、わざわざ、ブログ読んで、

しかも、コメントまで残すんだよ。

 

そんなの興味のない人だったら、

素通りだって出来るわけだから。

 

お母さんが、泣き叫ぶのも、

そこにはエネルギーがあるわけよ。

 

アンチコメントや、お母さんのわがままは、

ネガティブなんだけれども、

 

ポジティブと同じくらいの強いエネルギーがそこにはあるから、

 

その受け止め方や、ちょっとした行き違い、

ちょっとしたお互いの着地点の微調整で、

本当にパワフルなファンになってくれるのよ!

 




 

「で、一番怖い事って何だかわかる?」

 

「なに、アンチの炎上かと思ってたけれど?」

 

「違う。

アタシ、美容師、ネイル、メイクやってるでしょ、

それでね、やっと重い腰上げて、インスタのアカウント、1年前に作ったのよ。

 

もともとSNSとか興味ない人なんだけれど、

この時代で、もうビジネスやるには、

マーケティングとかブランディングとか、

そう言うこともやらなくちゃで、

 

お姉ちゃんみたいに、マメじゃないから、

ブログ書くとかマジ無理な人なのに、

インスタの投稿を、毎日、大変なのに、投稿し続けたんだよ。」

 

「うんうん、なんか美容系とか、ファッション系の人は、

インスタはマストアイテムだもんね。

それで、インフルエンサーとかになったら、

凄いしね。」

 




 

「それがさ、この1年、もう何とか写真をアップし続けたのに、

もう全然フォロワーが付かないの、

それがすごい悩みでさ、

 

フォローどころか、いいね すらつかないのよ。w

まぁね、そんなに簡単にフォロワーが増えるなんてないんだろうけれど、」

 

「芸能人みたいに、はじめから知名度がないと、

一般人が始めて直ぐにフォロワーなんかつかないよ。

アタシのブログだって、16年書いてるんだよ!

はじめは、読者なんていなかったよ。

だから、継続は力なりだと思うよ。」

 

「うん分かってる、だから、苦痛だけれど、

なんとか辞めずに継続して投稿はしているけれど、

 

このインスタで学んだことは、

 

無視されることが一番つらいってこと!

アンチでも、コメントがつくって、本当にありがたいことなんだよ!

 




 

アンチは、わざわざ自分の時間を使って、

お姉ちゃんのブログを読んで、

コメントまで残してくれるなんて、

どんだけのエネルギーを姉に注いでるんだよ!

もう、めっちゃ羨ましい!

 

インスタの投稿に、フォロワーもつかなければ、

いいねすらつかないって、

この素通り感、どんだけ苦痛か。

 

LINEの既読スルーとか、めっちゃ傷つくでしょ?

 

ほら、お母さん、LINE既読スルーよくするでしょ?

母、かなりのアンチだぜ。

 




 

だからね、アンチコメントもらったら、

ポジティブと同じくらいのエネルギーがそこにはあって、

ポジティブかネガティブの波長の違いだけであって、

エネルギーはそこにあるのよ!

 

それは、既読スルーでも、なんでもなくて、

お姉ちゃんの事、大好きだから。

 

本当に、嫌いだったら、ブログなんか継続して読まないし、

時間を姉にわざわざ使わないって、

もう、そのブログに立ち寄ってくれただけで、

少なからず姉に興味を示しているファンの証拠なんだよ。

 

だから、アタシのインスタって、

無視され続けるインスタアカウントって、

 

どんだけ虚しいか・・・www

 




 

と言うことで、母も、アンチも、文句ばっかり言うけれど、

姉のことが大好きなので、帰国しちゃえば?

 

14日間ウクレレ弾けるし。」

 

ウクレレ、最後まで馬鹿にしてるだろ?

 




 

と言うことで、無視され続ける、ウチの妹のインスタグラム、

良かったら、フォローしてあげてください。

いいねだけでもOKです。笑

@eilish_u

 

昨日までは、母のエモーションに、マジで帰国延期かと思っておりましたが、

翌日には、妹のフォローにより、やはり帰国することにします。

 

ただ、今日受けたPCR検査で、陽性出たら、

有無を言わさず、渡航不可、帰国キャンセルになりますけれど・・・。

 

 




 

ではでは、またまた本日の動画は、

プエルトリコ旅行動画、ブログで記事が書けない分、動画でサクッとどうぞ!

 

オールドサンワンを散策しました。

 

 

 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-あぁ、Japan!, こりんごムーブメント

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.