とんでもアメリカ生活 世界のニュース

オミクロン水際対策、正月強制隔離と家族との温度差。

投稿日:2021-12-04 10:54 更新日:

 

 

 

悪夢が現実となる。

 

予想はついていた事だった。

 




 

NY州から、オミクロン感染者5人出ました。

(12/3現在)

 

つまり、NY州から、これから日本帰国する人は、

当面の間、帰国後、検疫所の指定宿泊所にて、

3日間の強制隔離が決定したも同然でしょ?

 

そして、今朝、

想定通りの残酷なお達しが、

外務省サマから届きまして、

 

(しかも朝イチ8:38amですよ。)

 

 

あぁ、やはり、その知らせですよね。

何かの間違えってことはないですよね。

 

強制隔離がオフィシャルで決定いたしました。

 




 

検疫所の宿泊施設での待機期間

待機なし → 3日間待機

 

 

とほほ・・・

 

とは言え、

ヨーロッパや韓国に住む人は6日間、

アフリカの方に住む人は10日間、

 

アタシの住む米国の2倍、3倍の待機期間

って言う人たちだっているんだ。

 

3日間の待機で済むなんて、

ありがたいと思えっ!

 




 

でも、元旦からの三が日ですよ!

 

2ヶ月前に知ってたら、予約しないっちゅうに!

 

どうします?

どうします?

本当に帰国どうします?

 

今、帰らなかったら、

今後も、新たな新種株が現れるたびに、

日本に帰れませんよ。

 




 

でもさ、帰国するだけで、

こんなにも支障があるなんて、

予想もしてなかったよね。

 

それだけ、コロナに気が緩んでたってことですかね。

 

あぁ、正月帰国だと、日本の家族を喜ばせておいて、

やっぱり隔離で3日会えません。

 

しかも、隔離終えたら、

空港まで迎えに来て下さいって。

 

もう帰らない方がいいんじゃね?

 




 

海外在住者は、この日本帰国がどんだけ大変かと、

また大変過ぎて帰国を諦める人だっているくらい。

 

アタシだって、去年や、今年の6月辺りで登場した

デルタ株で規制強化の強制隔離が決まっていた頃、

帰国なんて無理と思っていたくらいだ。

 

でも、日本に住んでいる人には、

この水際対策の厳しさとかシステム、

あまり分からないよね。

 

海外に住む家族がいれば、

また違うかも知れないけれど、

 

基本は、海外旅行に行かない限り、

水際対策なんか気にする必要もないので、

分からないのも仕方ないよな。

 




 

ウチの家族ですら、

トンチンカンだったよwww

 

めっちゃ温度差感じて笑えたんでご紹介!

 




 

事態が急変した昨日の事。

 

 

こっちは割と真剣なのに、

 

「承知しました!」

 

って、何そのスタンプ?

可愛いじゃねぇかっ!www

 




 

しかも・・・

 

 

強制隔離になるって言ってるのに、

 

「うん、うん」とか「たのしみ♥」って、

 

なんでやねんっ!

 

なんか、強制隔離を誤解しておりませんか?

 




 

そして翌日。

 

 

今更、驚くなっ!

 

 

強制隔離は、到着の翌日からだから、元旦から3日までなんですよね。

 

羽田に着くって言ってあったのに、成田になってるしw

隔離ホテルに一緒に泊まろうとしてるwww

 




 

 

 

まだ付き添いで、一緒に隔離に参加しようとしてるw

 




 

部屋の外から一歩も出られず、

3度の食事も弁当が支給されると言ったら、

 

 

やっぱり検疫所指定の宿泊施設に一緒に泊まろうとしてるし、

しかも、お弁当までもらう気満々www

 

 

空いたいけど~ね~。とは?

隔離ホテルの空きの事か?

 

 

空いたいね~は、

逢いたいね~だったらしい。

(会いたいじゃなくて、あえての逢いたいw)

 




 

母は、この状況をどう思うのか?

 

 

母も、会いたいじゃなくて、逢いたいらしいw

 

強制隔離なんてどういう事と言われました。

岸田首相に聞いて見てください。

 

「ゆっくり堂々と逢いたいよねー。」

 

強制隔離入ったら、確かに家族に会える時間は短くなるから、

ゆっくりは分かるけど、

堂々と逢いたいってwww

 

隔離されても、堂々としててもいいんですけどねw

 

(隔離された人が、全員、陽性ってことではないのでw)

 




 

結構、日本の家族との温度差が、おもろかったです。(爆)

 

では、面白がってる場合じゃないんですが、

今朝、NY州が、ブラックリストに載って、

かなり凹んで、緊急ライブ配信しました。

 

 

なるようにしかなりませんが、

一ヶ月後のアタシ、どうなってるんだろ~。

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活, 世界のニュース

Copyright© NYこりんご , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.