世界のニュース

NYから日本に帰れるのか?

投稿日:2021-10-10 06:25 更新日:

 

 

待つばかりの人生。

でも、時間は決して待ってはくれない。

 




 

あれだけ色々問題があった

オリンピック、パラリンピックが終わって、

もう2ヶ月。

 

全然、日本への入国、

緩和してねぇ〜じゃねぇかっ!

 




 

国民の反対を押し切り、

緊急事態宣言を強いてまで、

世界各国からのアスリートを招待して行った、

オリンピック、パラリンピック。

 

つまり、海外からのお客様の迎え入れ体制が、

多少は整って、

オリパラ終わったら、

 

きっと一般人も、日本に入国出来るはず!

 

って、2ヶ月経った今も、

全然、帰国規制緩んでな~いっ!

 




 

でも10月1日から、14日間の隔離が、

10日になったとか・・・

 

10日も14日も変わんなくねぇ?

 

しかも10日隔離したら、

PCRテストしなくちゃいけないらしく、

 

日本でのPCRテストってアメリカみたいに無料じゃないよね?

なんか1万円くらいするって聞いたけど、ホント?!

 

隔離してテストも強要するなら、

国が負担してくれませんかねぇ。

 




 

しかも最長で2週間しか休み取れないのに、

日本帰国の半分以上を隔離して、

アメリカにまた帰るって・・・

 

何しに帰るん?

 

しかも、日本国民じゃない外国人のジョンさんは、

日本行きのビザさえ下ろしてもらえない。

(何か、特別な理由がないとダメらしい。)

 




 

そもその、去年の3月に、

ジョンさんと帰国を予定してたのに、

コロナでキャンセル。

 

お陰で、日本に最後の帰れたのは5年前!

 

 

めっちゃ親不孝!!!

 

 

親が元気でいてくれることが何よりだけれど、

 

親だって、どんどん年老いていくし、

 

アタシは、まだ妊活中で、

親になったことがないので、

親の心子知らずなんだけれど、

 

この世で、無償の愛を捧げてくれるのって、

親だけだよね。

 




 

母がNYに来てくれたのは、10年前、

一緒にヨーロッパ旅行したのは、6年前、

 

その母も、

もう13時間のフライトは無理だと、

 

奮発してビジネスクラスを取ってあげると言っても、

腰が痛くて無理だ!

 

とのことで、元気に国内旅行は行けても、

もう、長時間フライトは無理らしい。

 




 

5年、10年前に出来たことが、もう出来なくなる。

 

これってさ、いつか会おうね~

なんて、呑気に言ってる場合じゃないかも?

 

コロナが収束したら、

って言ってたけれど、

 

コロナは収束しないよ!

規制だって、いつ緩和、解除されるか分からない!

 

そんな、分からない未来を待ってるだけでいいのか?

 




 

あ、日本帰ろ!

 

なかなか親孝行出来なかったから、

あえて、正月に帰ろう!

 

10日間の隔離がとか言ってたけれど、

隔離結構コケコッコー!🐓

 

ずっと会えなかった母と、

隔離で一緒にのんびり過ごせばいい!

 

それなら、正月に帰るのがベスト!

 

寝正月に、不良娘と過ごす正月もいいだろう!

 




 

本当は、正式に結婚したから、

ジョンさんも息子として一緒に帰国したいが、

 

アメリカ人の息子、日本入国出来ず。

 

だけど、マジ、コロナ規制緩和を待ってる時間はない!

 

規制解除がいつになるかなんて分からないし、

 

年を老いていく親が、

いつまでも元気でいてくれる保証だってない。

 




 

ジョンさんに相談したら、

 

「出来れば一緒に帰りたかったけれど、

でも、俺のことは気にしないで!

ママさんに絶対に会いに行くべき!」

 

そう、ジョンさんは、4年前に、

なんとなくフロリダに一人里帰りをした。

 

その時、アタシは、都合が悪く、

一緒に帰れなかったのだが、

 

その2ヶ月後に、ジョンさんママが急死したのだ。

 

あの時、一人でも、里帰りしておいたこと、

本当に良かったと思っている。

 

もし、あの時、里帰りしないで、

お母さんがなくなっていたら、

もの凄く悔やむ自分がいただろうと言ってたい。

 

だから、今回の日本行きを、

ホントに、押してくれたのはジョンさんだった。

 




 

ただ、日本帰国もラクではない。

 

超えなければいけない問題があるのだ!

 

もちろん、帰国の手続きはめんどくさいだろう。

 

出国の72時間以内にPCR検査をして、

指定の証明書をそろえて、

しかも、毎回、帰国事情もコロコロ変わっているらしく、

 

そう言った、事務的手続きは、なんとかするとしても、

 




 

今、日本行きの飛行機代が、

20万円越えてるんだよね・・・(((;゚Д゚)))

 

先週、不妊治療で、

移植代に32万円を払ったばかりだったからさ、

 

でも、そう考えると、

1分もしない胚移植に32万円なのに、

13時間の日本行きフライトチケットは

20万円だなんて安いかも?

 

(金銭感覚が狂う妊活者www)

 




 

そして、一番ネックなのが・・・

 

アメブロでも書いたけれど、

 

ウチの実家のご近所さん問題。

 

 

ウチは、田舎だから、

世間体をもの凄く気にするのである。

 




 

そんな田舎に、ニューヨークから帰って来ただなんて、

噂はあっという間に立つだろう!

 

NYは、もっともワクチン接種が進んでいて、

感染者数も少なくキープ出来ている優秀な大都会なのに、

 

未だに、去年の爆発感染をさせたNYの汚名が、

日本の片田舎では、ぬぐい切れていないのだ!

 

「こんな時期に、

ニューヨークから帰ってくるだなんて・・・」

 

というような敬遠をされる可能性が大と言う事だ!

 

 




 

ワクチンも打ってるし、

隔離もさせられる、

その上、PCR検査もさせられるらしい、

 

しかも、出国前にもテストしてる。

 

その上、

ニューヨークというレッテルを思いっきり貼られて、

肩身の狭い思いをせにゃアカンのか?

 

それ、ちょっとした差別じゃありませんか?

 




 

「お姉ちゃんはまだしも、

ジョンは絶対無理だよ!

メッチャ外人顔だもん!

 

 

任天堂大好きの親日家ジョンさんですが、

めっちゃ外人顔言われたwww

 

「こんなん群馬の田舎にいたら、

目立ってしょーがないよっ!笑」

 

それも、思いっきり人種差別じゃありませんか?

 




 

そんな差別エリアにジョンを連れて行くのは可哀そうだが、

 

今回は、その前に、アメリカ人には、

日本行きのビザが下りないだろうって話なんだけどさ。

 

と言うことで、帰国するにも、一苦労です。

 

(サムネ2度出しw)

 




 

しかし、マジ母が心配です。

 

今、母は、群馬に一人で住んでいます。

 

兄は、嫁の家に入ってしまったし、

妹は、東京に出てしまった。

 

一番最悪なのは、長女のアタシがNY・・・

 

だからこそ、正月に帰って、隔離正月で、

母とのんびり過ごしたい!

 

正月休みだから、

兄も妹も実家に帰って来るではあろうが、

 

とりあえず、妹と母にLINEしてみた。

 




 

ウチの妹はWelcomeと言ってくれたが、

テクノロジー音痴の母は既読にならずw

 

そこに輪をかけて、妹がグループ電話をかけて来た。

三者通話だが、

 

「元気?

お母さん、電話に繋がってないね。」

 

「お母さんは、一生、三者通話出来ないと思う。

多分、入り方分からないんだと思うよ。」

 

「そっか~」

 




 

「正月に帰国するの?」

 

「そうしようと思ってるんだけど、

問題は、羽田から、一般公共機関が使えないから、

レンタカー借りるか、

家族に迎えに来てもらうんだけど・・・

迎えに来れる?」

 

「アタシ車持ってないし、

お母さんは群馬からは無理だよ。」

 

「だよね。

じゃあレンタカー借りるからさ。」

 

「いいね〜!」

 




 

「レンタカー借りるなら、

ちょっとどこか行こうよ!」

 

「いやいや、遊びのために借りるんじゃないし、

隔離中の身分だから!」

 

「え〜勿体ない〜。

せっかくレンタカー借りるのに〜。

大晦日に帰って来るんでしょ?

ちょっと成田山にカウントダウンとか、

素敵な場所とか行きたいのに〜。」

 

さすが、人生無駄なく楽しみたい妹である。

 




 

「なんか帰国後も、GPSで追跡されるらしいんだよね。」

 

「でもさ、羽田から、ちょっとレインボーブリッジ通ってとか、

そう言うのも無理?」

 

「そうねぇ、せっかく帰国するから、

車窓観光くらいしたいよね。」

 




 

「じゃあ、群馬から、お母さんも東京に呼びつけるから、

空港でレンタカーしたら、

アタシと母を東京でピックアップして、

3人で帰省しよ!」

 

「いやいや、日本の免許切れてるから、

運転出来ないんで、

レンタカーは姉が借りるが、空港まで迎えに来て、

運転手やって欲しいんよ!」

 

「え〜そうなんだ!」

 




 

「だから成田じゃなくて、羽田にしてるんですけど。

まぁ、国際免許取ればいいけど、

NYでほぼ20年近く運転してないから、

いきなり東京で運転はちょっと・・・」

 

「そっか分かった迎えにいくよ。」

 

そんな話しをしていると、

 




 

「もしもし?」

 

母、3者コールに参戦!

 

「お母さん、スッゴイじゃん!

電話出れたの?!

大進歩!!!」

 

「ちょっと今、友達と電話してて出れなかっただけよ。」

 

「お母さん、カッコいいじゃん!

友達と別コールから三者コールに切り替えでw」

 

あの母が、少しづつテクノロジーを受け入れこなしていることに感激である。

 




 

「お母さん、正月に日本に帰ろうかと思ってるけど、

どうかな?」

 

「いや〜、

帰って来て欲しいけど、

もうちょっとコロナ収まってからの方がいいんじゃない?

最近、群馬もコロナ増えて来てるらしいから!」

 

「コロナは収まらないよ!

もうエイズとかインフルエンザみたいに、

今後もコロナと共存していくんだよ!

 

大体、日本はワクチンが進まないから、

感染者増えちゃうんだよ!」

 

「そうかな〜。

でも群馬もワクチン進んで来てるんだよ。」

 

「じゃあ、帰国してもいいんじゃない?」

 




 

「でもねぇ。

そりゃ帰って来て欲しいけど、

無理して帰って来なくたっていいんじゃない?」

 

「もう無理しなきゃ帰れないし、

コロナ収束なんか待ってたら、

一生帰れないよ!

 

それともご近所の目が気になるとか?」

 

「まぁ、それもあるけど・・・

 

そうだねぇ。

じゃあ、上手く帰って来れるなら、

自分で決めて帰っておいで!

でも無理するんじゃないよ!

 

じゃあ、あとは2人で決めておくれ、

お母さんは、もう切るよ!」

 

 

早っ!

 

 

ウチの母、長電話とか好きじゃない、

昭和の戦後初期の女です。笑

 




 

 

そして、長電話好きな世代の妹とは、

その後1時間半ほど話したが、

 

とりあえず、隔離期間中の10日間は、

群馬の実家で過ごして、

残りの4日は東京の妹のアパートに滞在するってことになったのだが、

 




 

「勿体ないね、マジで10日間も隔離で、

どこにもいっちゃいけないの?」

 

「なんか、毎日ランダムでAIが電話してくるらしいよ。」

 

「あ〜、今、そう言う帰国者に電話するバイト多いみたいよ。」

 

「まぁ、正月だから、

のんびりと実家で10日位過ごしてもいいかなと。」

 




 

「ちょうどよかった、

兄も正月くらい帰って来ると思うから、

ちょっとシビアだけど、

マジで、お墓の話とかしたかったのよ」

 

 

えっ?!!(◎_◎;)

 

めでたい正月帰国で、墓の話かよっ!

 

「これ大事な話しだから!

兄は嫁の家の墓に入るだろうし、

娘いるからさ!」

 

「あ、姪っ子ちゃんか、

お年玉あげなくちゃね!」

 

「もう、姪っ子、とっくに成人してるんですけど?

今、大学生だと思うよ!」

 

 

えぇぇぇ!!!!

 




 

「アタシ、最後に姪っ子ちゃんに会った時は

彼女、まだ高校生だったんですけれど?!」

 

あ、5年前の帰国では、彼女に会えず、

最後に会ったのは、7年前だから、

 

そりゃ成人してるわな・・・

 

ヤベ〜!

アタシ、スゲ〜年取ってる!!!

 

そりゃ、墓の話し必須だわw

 




 

「お墓の話は、せめて三ヶ日が過ぎてからでいいかな?」

 

「あ〜揺れてる。

結構、大きい感じよ。

あ、窓の外の木が揺れてる〜。」

 

 

えっ?!?!

 

何々?!

どう言うこと?

 




 

「地震だ。

結構、大き目〜。」

 

マジで?!?!

今、電話中で揺れてるわけ?!

 

「だ、大丈夫なの?!」

 

「大丈夫って?

まぁ、地震大国だから、

どうしようもないよね。」

 

えっ、何でそんなに冷静なん?!

 




 

と言うことで、ワタクシの帰国は、

一歩前進しましたが、

 

あ、来週の月曜日、

妊娠判定日だった。

 

この年齢なので、陽性って可能性は、

低いんですが・・・

 

万が一、万が一、陽性だったら、

嬉しい日本行き断念!

 




 

っていうか、妊娠判定日が来週だって言うの分かってて、

日本行きを決めるって、

 

もう、どんだけ妊娠期待してないねんっw

 




 

と言うことで、来週の月曜日は、

神経疑われるかもしれませんが、

ワタクシのラジオ番組で、

妊娠判定スペシャルやるんですよ。

 

 

マジか?

お前、正気なのか?

 




 

こう言う高齢妊活の事実とか含め、

 

多くの人に不妊とか妊活とか、

理解して欲しいというか、

 

認知していただきたいと言うか、

 

いや、特別なことじゃなくて、

こう言う現実を知って欲しいと言うか、

 

いや、別に正義感とか使命とか

持ってやってるってわけでもないけど。

 

未来って、予測出来ないね〜。

 




 

でも、まぁ、

日本に帰国するのも、妊娠するもの、

どっちに転がっても、

親孝行になるかなと、

 

そんなとこ、めっちゃポジティブじゃんw

 

ポジティブと言うか、

楽観的過ぎねぇ?笑

 

(だから公開妊娠判定とか出来ちゃうんだw)




 

では、本日の動画は、

妊活サプリメントのアップデートと

妊娠判定日の告知動画です。

 

 

 




 

おかげさまで遂にYouTubeのサブスクライバーが

780人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと220人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-世界のニュース

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.