高齢妊活

妊活、反旗を翻す!その2 (無駄に出来ない卵胞)

投稿日:

 

 

お医者さんの言うことが絶対か?

 

時に自分の体、自分の未来は、

自分で切り開かなくちゃいけないこともある。

 

でも、全ては自己責任で。

 

(ドクターの指示に従うことも、自己責任だけど。)

 




 

さて、移植周期で、採卵する予定でした47歳。

 

結局、ドクターの指示には従わず、

自分の意思でキャンセルしました。

 

採卵キャンセル
移植周期の採卵をキャンセルした訳を探る。

    何事も、納得しないで前に進んだら、 後から後悔の種が見つかることあるから、   勢いに流されて、 上手く行く事もあるかもしれないけれど、   上手くいか ...

続きを見る

 

ナース面談で、自分の思っていた疑問を全部ぶつけて、

今回の決断、間違っていなかったと確証した。

 




 

採卵をキャンセルした訳だけれど、

2つ育っていた卵胞、採卵しないの勿体無いなと思って、

自然にかけようと、ヤル気満々だった。

 

採卵をキャンセルしたので、

トリガーショットを使わなかったのだが、

 

ナース面談では、移植前に確実に排卵させるため、

トリガーショットを使ってもらうかもしれないと言われていた。

 

トリガーショットは、こんな小さな注射で、

 

 

92ドル(約1万円弱)するので、

ただ排卵させるためだけに使うなら、

絶対に自然狙いたいよね。

 

ところが・・・

 




 

採卵をキャンセルした後の指示が届いた。

 

ホルモン数値はまずまずである。

 

Estrogen 448.9
FSH 8.5
LH 4.5
Progesterone 0.33

 

指示された通りホルモン刺激注射も、

排卵遅延剤も中止したので、

E2もLHも上がってくれた。

 

そして、指示は続く、

 




 

ドクターの指示はこうだ。

 

卵胞を排卵させてしまうために、

今夜9時に、オビドルを打って下さい。

 

あぁ、やっぱりトリガーショットを使って、

排卵を確実にさせてしまうらしい。

 

だったらトリガーショットで排卵するので、

絶対に自然を狙うぞ!

 

1万円もするトリガーショットを、

ただ無駄に排卵させるために使って、

47歳の卵胞を無駄に出来ませんから!

 




 

指示を読み続けて行くと、

引き続き、エストラジオールと、

プロゲステロンも追加されて、

遂に移植の準備に入ったようだ!

 




 

そして、総裁選投開票日に、

移植は決定したことが書かれてあり、

 

最後の、諸注意が書かれてあったのだが

 

へっ?!?!

 

移植周期の準備として、

避妊なしの性交渉をお勧めしません。

特に排卵の時期は避けてください。

 

厄介な状況を避けるために、避妊なしの性交渉は、

移植前後の一週間は推奨しておりません。

 

とのことだった・・・。

 




 

 

えっ?!?!

 

じゃあ、トリガーショットも卵胞も、

無駄にしろってことですか?!

 

マジで?マジで?!?!

 

何、その Any complication(厄介な状況)とは?

 

もしかして、移植前に自然妊娠して流産したら、

厄介ってことか?

 

それだったら、凍結胚移植だって同じじゃないか!

 

採卵はいいけど、自然はダメなの?

 

アタシは、移植前に、採卵キャンセルしてしたから、

自然も狙う気満々だったのに、

 

ここでドクターストップが出るなんて・・・

 




 

47歳だからこそ、無駄にしたくない卵胞ですよ!

高額な注射も無駄にしたくない!

 

もう、慌ててググりまくりましたより!

 

日本のほとんどの不妊治療ドクターブログを読み漁ったんだけれど、

 

 

移植前の性交渉を、

逆に推奨してるじゃん!!!

 

臼井医院リプロダクション外来

岡山二人クリニック

 

精液の成分が免疫調整し着床を促し、

妊娠の維持を助ける効果があるので、

 

むしろ、移植前に性交渉をした方が、

妊娠率が上がるとすら言っている!!!

 

(新鮮移植と、移植日は避けた方がいいらしい)

 

何、この真逆説?!?!

 




 

以前、NYこりんごラジオでインタビューさせていただいたい

NY日本人不妊治療相談所STORK TALKSの山辺千沙さんと、

LAの不妊治療コーディネーターの渡辺アキラさんにも聞いてみた。

 

千紗さん曰く、

妊娠した場合、タイミングで妊娠したのか、

移植で妊娠したのか分からなくなるのと、

多胎の可能性をクリニックが懸念しているのかもしれないと。

 

アキラさん曰く、

タイミングを測って妊娠して流産になったら、

もっと時間がかかってしまうことを懸念してるかもしれませんね。

 

と、言うことで、

タイミングを取ることは反対されていなかった。

 




 

流産の心配、双子の心配って、

着床もしない、妊娠もしないアタシにとっては、

高嶺の花な心配ですよ。

 

って言うか、

 

むしろ双子Welcomeである!

 




 

この双子を巡っては、

ドクターによっても賛否両論。

 

高橋ウィメンズクリニック

さくらクリニック

 




 

と言うか47歳の卵だから、

そんな一回に2つもノーマル胚になるとか、

夢のまた夢だからさ、

 

胚盤胞にすらなったことんしんでしよ!

 




 

でも、この胚移植前の性交渉って、

 

せっかく育ったと卵胞が勿体無い〜!とか、

せっかく打ったトリガーショットが勿体無い〜!

 

って卵胞の無駄をしたくないから願ってたことだけど、

 

どうやら、移植前に、精子を子宮内に入れておくことで、

免疫機能を上げて妊娠しやすくするって言う、

 

つまり自分以外のモノが入って来たら、

通常は、それを遺物とみなして攻撃してしまうらしいんだけど、

敵じゃありませんよって思わせるために、

精子で潤しておくのがいいらしい。

 

詳しくは、こちらのサイトで!

免疫の話し、アキュラ鍼灸院

 




 

もうさ、どう考えても、移植前にヤッタ方がいいじゃん?

 

ウチのドクターは、どう言う考えなのか?

高齢だから、ツインは危ない!

って思ってるのか?

 

でも、今まで胚盤胞にもなったことない患者じゃないですか!

しかも、年齢的には、移植は多い方がいいわ!

って言ってたじゃないですか!

 

なんで今更、自然はダメ!

避妊性交渉ダメなんですか!

 

そんなの納得いかない!

 

でも、ドクターの指示に従わないって、

結構、勇気も根性もいるもんで、

 

どうするよ?

 

クリニックに相談したって、

ドクターの言う通りにして下さいって言われるのがオチで、

 




 

しかし、やはり一度は、ドクターの指示に従い、

 

ジョンさんに、採卵はしないから、

精子セーブしなくてもいいよ!

と告げた。

 

(ジョンさん、3日に一回は出さないとダメなのですw)

それでも、若い時は毎日出してたから、

年をとったと言っていた( ̄∀ ̄))

 

日曜日が採卵の予定だったので、

頑張って4日我慢している最中であったwww

 




 

やっぱり、ドクターの言うことに従わなきゃ、

今後、クリニック側が言う何か厄介なことが起こった時、

ヤバイもんね。

 

結局、土曜日の夜、

無駄にトリガーショットを打って、

無駄に排卵させる準備をして、

 

指示通り、ジョンさんとは交わらず。

 

採卵予定日だった日曜日を迎えた。

 




 

朝は6時には、いつも通り目が覚めた。

 

採卵は正午12時の予定だったが、

キャンセルしたので、

そんなに早く起きる必要もなかったのだが、

 

採卵しないとて、移植の日が近いから、

朝のウォーキングに出かけた。

 




 

しかし、まだ、悶々としていて・・・

 

こんなに悶々としてるって、

やっぱり、自分の中で納得してないってことだ!

 

この気持ちのまま、実行して、

残念な結果が出たら、

絶対に後悔する。

 

自分が納得してれば、

結果はどう転がっても後悔はしない!

 

よし、やっぱり自然目指そう!

避妊なしで、精子をお迎えしよう!

 




 

そう決断したら、急にモヤが晴れ渡り、

足取りも軽く、ウォーキングが進む!

 

 

はっ!

 

ヤバイ!

 

 

こりんご、どうした?

 




 

ジョンさん、採卵キャンセルで、

移植前後一週間、性交渉禁止になったので、

解禁で、精子をリリースしてしまったかもしれない!

 

早く家に帰らねばっ!

 

精子の無駄出ししてないことを祈って、

足早に家に帰る。

 




 

家に着くなり、

ドドドっとベッドルームに駆け込む!

 

まだ寝ていたジョンさん、

 

騒がしくウォーキングから帰って来たアタシに気づいて、

 

「Baby どうした? フニャフニャフニャ。」

 

寝ぼけながら、そう言うジョンさんに、

 

「精子やっぱり必要になったんだけど、

まだリリースしてないよね?」

 

「もちろん!

もう出しちゃったよ。」

 

間に合わなかった・・・

いつ出したねんっ!

 

「えっ、昨日、ドクターに禁止されて、

採卵もキャンセルしたから、

Saveする必要ないって言ったから、

夕べ出しちゃったよ。」

 




 

夕べって、いつだよ!?!?

 

「Babyが寝た後だよ。」

 

早っ!!!

 

夕べ、ギリギリまで迷ってたのに、

決めた途端、速攻、出したんかいな?!

 

ガックリ肩を落とす こりんご。_| ̄|○

 




 

「ドクターがやっちゃダメって言ったんでしょ?」

 

「そうだけど、やっぱり卵を無駄に出来ないし、

免疫つけて受精卵を攻撃しないように、

精子に子宮で馴染んでもらいたいのよ。」

 

「大丈夫!

俺、種馬だから、もうちょっと寝て、

朝ごはん食べたら、また出せる!」

 

 

マジで?!?!

 

(しかも自分で種馬 言ってるしwww)

 




 

よかったわ〜

なんて協力的で、強力的なパートナーなのかしら。笑

 

ウチの種馬は、その後、

移植前日まで、毎日、種付けしてくれました。www

 

あはは、結局、採卵同様、

移植もドクター指示守らなかったよね。( ̄∀ ̄)

 




 

このブログがアップされる頃には、

総裁選もアタシの胚移植も終わってるだろうから、

 

次回は、そのことについてブログしたいと思います。

 

 

おかげさまで遂にYouTubeのサブスクライバーが

780人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと220人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.