高齢妊活

妊活、反旗を翻す!(不妊治療クリニックの指示に背いた採卵のゆくへ)

投稿日:2021-09-27 12:00 更新日:

 

 

最終的には、自分の直感と意思に従う。

 

だけれど、グラつくことしばし・・・。

人間だから。

 




 

移植周期で、急遽、採卵が決まった47歳のこりんご。

 

移植周期で採卵!
47歳、混乱移植周期 (ボーナスで採卵ついてくる?)

    47歳と9ヶ月の妊活。   摩訶不思議は続く。   (その年齢で妊活自体が摩訶不思議って言わないでねw)     毎回、何かしら問題 ...

続きを見る

 

47歳ですから、まさか移植周期で、採卵まで出来るなんて!

これは、もう、この波に乗って行くしかないっ!

 

そんな勢いだったわけですが、

 

なんせ、急展開だったので、

実際の指示や投薬が追い付いいていかない状態www

 

採卵が急に決まった日、

何の準備もないまま、

仕事中に排卵遅延剤を打てと指示が来たり、

 

投薬急展開
移植周期で採卵になったけど排卵しちゃうのか?

    タイミングや、ちょっとしたすれ違いで、 その結果が大きく変わる!   あの時、一言聞いておけば、 そんな面倒なことは起こらなかったのに。   でも、そう ...

続きを見る

 

もう、次から次へと問題発生!

 




 

しかも、トリガーショットを打つ日まで急に決まって、

つまり採卵日程も決まったわけですが、

 

クリニックからの連絡事項が、遅いので、

(巨大クリニックなので裁かなければいけない患者数が多いからだろうけど、)

 

朝モニタリングして、検査結果と指示が出るのは、夕方ってことが多い。

つまり、質問なんかあっても、仕事で直ぐに連絡できないと、

クリニックがクローズしちゃうから質問も出来ない状態!

 

毎回、問題は付き物というのに慣れていたアタシではあるが。

 

次なる問題は、採卵が決定したが、

その採卵を担当するドクターが下手くそドクターに当たってしまってということで・・・

 

なんとか、採卵担当ドクターの変更を、

トリガーショットを打つ前に確認せねばならんかったのですが・・・

 

採卵危うし
47歳9ヶ月、採卵の危機!

    人生って、決断の連続。   そんな決断出来ないよっ! って決断でも、 必ず決断して今に至るんだよね。   今決断できない自分がいても、 来週には、決断し ...

続きを見る

 

結局クリニックからの連絡が来ないまま、

トリガーショットを打つ時間が迫りくるわけで・・・

 

どうするんだ、こりんご!!!

 




 

もう、47歳の採卵ですよ!

迷ってる暇なんてないでしょ!

 

って皆さん思うかもしれない。

 

でも、腕のないドクターに採卵されて、

一つも取れずに、何十万円も支払うって可能性だって高いじゃないですか!

 

それで取れなくても、

卵胞の位置が取りずらいところにあったとか、

あくまで患者のせいでと、

言い訳をクリニックはするわけで・・・

 




 

一応、ジョンさんにも相談したんですけれど、

 

「下手なドクターが執刀する手術なんて受けたくない!

絶対にキャンセルした方がいい!」

 

と、体外受精のことは分からない男性らしいアドバイスです。

 

「でも、この歳で、なかなか卵取れないから、

取れる卵は、なるべく取りたい思いもあるのよ。」

 

「でも、ドクターが下手くそなら、取れないじゃん!

それよりも、Baby自身が、どうしようか迷っているってことは、

やっぱり、何か迷わせる原因があるから、決断できないわけで、

そう言う時は、やらない方がいいと思うよ。

きっと、それを無視してやったら、

あ~、やっぱりやらなければよかったって悔やむから。」

 

確かにその通りですね。

 




 

でも、もう、47歳と9ヶ月ですよ。

あと3ヶ月で48歳ですよ!

 

ここで、せっかく育った卵胞ですから、

ミスミス諦めるのが、

どれだけ辛いか分からないだろうな。

 

ドクターの腕が下手でも、

取れないという可能性100%ではない!

だから、キッパリとキャンセルに踏み切れないのだが、

 

とはいえ、もし無事に採卵できたとしても、

今回の卵胞は、ちょっと怪しい気もするのだ!

 




 

もう一度、冷静に考えてみよう!

 

採卵が決定したDay19のホルモン数値は

E2: 423.9
FSH: 11.9
LH: 17.6
PR:0.55
HCG:<0.5

E2から見れば、卵胞は2つ採れそうだ。

 

FSHも落ち着いている。

LHがこれから上がる感じで排卵に向かっている感じだ、

 

ここで左右に1個ずつ18ミリと17ミリの卵胞をドクターが確認したので、

採卵に踏み切ることになったわけで、

 




 

ここでDay19から採卵の投薬開始!

排卵遅延剤と、卵胞刺激のゴナールFが150IU、

それぞれ2日間の投薬が始まり、

 

Day21のホルモン数値は、

E2: 362
FSH: 9
LH: 3
P4: 0.25

 

急にE2 と LHが大幅に下がった!

多分、排卵遅延剤のガニレリクスがLHを下げたのは分かる。

これで、確かに排卵が引き延ばされてるから、薬が効いているってことだし、

FSHもゴナールFによって下がったと思われる。

 

E2も、卵胞刺激注射や排卵遅延剤で下がることあるのか?

E2が362って、微妙に、採卵可能卵胞1個だけってことか?

 




 

そもそも、エストラジオール飲み続けたのは、

卵胞は抑えて、内膜を厚くさせるために飲んでたわけで

移植周期にフォーカスしてたのに、

何で、卵胞が育ったのか?

 

しかも、Day21かかって、

やっと20ミリって、成長遅いし、

卵胞のクオリティーが、それほど期待的ないのではないか?

 

問題は、急遽、とっつけにゴナールFを投薬して、

卵胞が既にDay21で、20ミリ&19ミリになってしまってるから、

Day23の採卵時には22ミリ以上になってる可能性が大た!

 

アタシのこれまでのIVF経験から言うと、

あくまで、これはアタシの場合ですが、

卵胞が18ミリ前後で採卵された卵胞が、受精して分割まで至っている。

21ミリ以上大きくなると、結構、成熟しすぎて受精すらしないことが多かった。

 




 

これらを考えると。

  • 残念なドクターの採卵
  • 卵胞の成長に時間がかかりすぎ
  • 卵胞が成熟しすぎ

この3点から、大金をはたいて採卵する価値はないと判断した。

 

おまけに、トリガーショットは、

深夜1時40分に打つことになっていて、

妊活中だから、少なくとも11時には寝たいアタシにとって、

また1時40分にゴソゴソ起きて注射打つの辛いぜ!

 

 

よし、採卵はキャンセルだっ!

 

 




 

47歳、1つでも多くの卵胞が必要なのに、

奇跡の移植周期での採卵を、

ここで、思い切りキャンセルです!

 

つまり、採卵はしないと決めたので、

卵胞を育てるゴナールF も、

排卵を遅らせるガニレリクスも、

指示されていたのを無視して打ちませんでした。

 

でも、採卵は諦めたけれど、

移植は諦めてないので、

しっかり、エストラジオールだけは飲みましたよ。

 




 

もちろん、決めた後も、

本当に、これでよかったんだろうか?

やっぱり採卵した方がよかったんじゃないかと、

 

気持ちユラユラ・・・

 

で、寝付けないかと思いきや、

ぐっすり、夜中の1時40分に起きることなどなく爆睡www

 




 

クリニックの指示に従わず、

トリガーショットも打たず、投薬もせず、

 

さぁ、こりんご、次はどう進む?

 

まずは、採卵キャンセルを手土産に、

クリニックに乗り込んで、

血液検査して来るのみよ!

 




 

ここで、クリニックの出方を見つつ、

自分の疑問をぶつけて、

移植はどうするか、ガッツリ話し合いするつもりですぜ!

 

では、次回、勝手に採卵をキャンセルしたこりんごが、

クリニックに乗り込みます!

 

そして、まだまだこのバトルは続くのでありました。

 

そう、次の問題が待ち受けてるのでございますw

えぇ、まさに、ネバーエンディングストーリーでございますW

 

 




 

移植周期で、幻の採卵に終わったわけですが、

今回は、これでドタバタだったので、

 

明日のNYこりんごラジオは、

また、妊活について単独ライブ配信しようと思います。

 

こちら日曜日のブルックリンの様子と共に、

その告知もしっかりしてます!笑

 

 

というのも、明日のNYこりんごラジオは、

229回目なんですよ。

つまり、

2 (妊活)
2 (妊娠)
9 (苦悩)

妊活妊娠苦悩スペシャルw

お届けしちゃおうかなと検討中!

 




 

日本では、総裁選一色だと思うんですけれど、

 

アタシは、政治には疎いので、

「誰が総理になっても同じだよ。」

という一般市民でした。

(今は、アメリカに税金を納めていて日本には納めてないから、余計に無関心でした(暴露))

 




 

ところが、その総裁選に、

アタシの4度目の胚移植がかぶりましたので、

 

そうなんですよ、日本を変るのは、政治家の仕事だけれど、

日本がなかなかうまく変わらないのは、

政治に無関心であるアタシのような人たちにも問題あり!

だって、ちゃんと日本を変えてくれる代表を選んでないんですもの!

 

でも、選挙に興味がないから、だれに投票したらいいカモ分からない。

 




 

今回、最後に出馬を決めた野田聖子さんのことを、

今更ですが、少し知りまして、

 

状況から見たら、選挙予想報道などからしても、

野田聖子さんが総理になれる可能性って低そうですけれど、

 

事実婚の先駆け、不妊治療経験者、

流産、離婚、そして、

アメリカで卵子提供でアラフィフで授かったお子さんに、

重度障害があると妊娠中に分かっても、

51歳で出産した、野田聖子さん。

 




 

妊活者から言ったら、もうそこだけで総理になって欲しい!

何か、変わるかもって期待するじゃないの!

 

アタシも、米国在住ですが、

前回の衆議院選から、日本国民として、

選挙に参加出来るよう、

在外選挙選権を申請したんですよ!

 

でも、総裁選には一国民は投票できないんだよね。( ̄∀ ̄)

 




 

妊活者としては、不妊治療も卵子提供も経験者で、

母になった野田聖子さん、

日本を変えてくれるんじゃないかって大きく期待です!

 

女性の社会進出が進んだから、少子化になったんじゃなくて、

少子化にならざるを得ない、社会の体制、

不妊治療や、産後の社会復帰の体制とか整ってないから、

少子化に歯止めなんかかけられないでしょ!

 




 

つうことで、

 

政治に疎い話ですが、

旬な話題、総裁選について、

 

妊活にはかなり詳しい2年の体外受精経験者、

こちらも旬の話題、個人的に胚移植と総裁選がかぶって、

そんなことを話しつつ、

 

これから、妊活を始める人、

体外受精にステップアップする方、

一体、何したらいいの?

なんてのを、少し語れたらいいなと・・・。

 




 

9月27日(月) 第229回NYこりんごラジオ、

単独ライブ配信は、

NY時間、朝9時

日本時間、夜10時から

こちらでご覧いただけます。

 

 

ご興味のある方は、ぜひお立ち寄りください!

 




 

おかげさまで遂にYouTubeのサブスクライバーが

780人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと220人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.