高齢妊活

混乱、移植周期

投稿日:2021-09-18 05:03 更新日:

 

 

混乱していることにすら気づかなかったけど、

 

混乱していることに気づいても、

混乱したままってことがある。

 




 

移植周期に突入の47歳こりんごです。

 

なんでしょうか、移植周期なのに、

自然周期なのかホルモン補充周期なのか

分かっておらず、

 

そこをクリニックに確認しようと、

Day14のモニタリングに行って来ましたよ。

 




 

あ、今日もドクターいなくて、

ソノグラファーが検診するらしい。

 

 

ゲッ!

 

 

やって来たソノグラファーは、前回、来た時、

先輩ソノグラファーにくっついて来た、

全然、卵胞見つけられなかった見習いさんではないか!

 

見習い
恐怖13日の金曜日!(盛り下がる妊活と、迷走Newサイクル.)

    47歳の妊活。 8月に入って中だるみ?w   妊活に対するテンションが上がっておりませんよ。   (今、株投資を始める事で頭いっぱいらしいw) &nbs ...

続きを見る

 

あれは、1ヶ月前のことだったけれど、

1ヶ月で一人前になれたのか?

 

今日は先輩いないんだぞ!

あたしゃ、移植を迎える超高齢患者なんだぞ!

1ヶ月前まで見習いさんだった貴方に診断が下せるのか?

 




 

「調子はどう?

もう出血はしてない?」

 

 

はい?

 

 

今、Day14なので、流石に出血してたらヤバくない?

今日がDay14ってこと分かってるのか?

 

もう、いきなり出だしから、不安しかないです。

 




 

「今周期は、移植でいいのよね。」

 

「そうです!

移植です!

移植で間違い無いです!」

 

「Ok,Ok, 」

(Calm down!落ち着いて!)

 

見たいな言い草でしたけど、

不安にさせてるの貴方だからw

 




 

じゃあ子宮内見ていきますね。」

 

モニターに、グリグリ子宮内が映し出されているが、

なんか、見慣れてる画像と違うんですけれど・・・

 

なんか、それズレてないか?

 

やっとまともな子宮が映って

あ、今の、もしや卵胞か?

 




 

アタシは、Day14なので、もう排卵してるか?

まだ卵胞あるのか?

内膜は、順調に厚くなってるか?

 

質問したいことはいっぱいあったが、

 

慣れない手つきでグリグリしてたから、

話しかけたら混乱しそうだったし

 

見習いミーナも(勝手にあだ名命名)

無言で必死にスキャンしてたので、

 

しばらく黙っていたが、

 

マジ何もミーナは言ってくれないので、

もう我慢出来ずに、

 




 

「それ卵胞ですか?

あの、サイズや個数は?

内膜は?」

 

「Hold on!  ちょっと待ってね。

それは、全部、検診した後で答えるわね。」

 

即答出来ないミーナ。

 

時間をかけて、スキャンをしていた。

 

丁寧だから時間がかかると言うよりは、

もたついて時間がかかっているようだった。

 




 

取りあえず、聞きたい質問は、

全部、遮られ、

まとめて答えてくれると言うことで、

辛抱強く待つことにした。

 

やっと検診が終わり、

 

「早速、質問ですが、

今周期は移植予定です。

 

一体、この移植は、自然周期ですか、

ホルモン補充周期ですか?」

 

「自然周期です!」

 

えっ?!?!(´⊙ω⊙`)

 




 

「あの、エストロゲンを1週間飲んでましたけど、

それでも自然周期何ですか?」

 

「エストロゲンはただの調整で、

ホルモン補充周期は、注射打ったりクロミッド飲んだりするのよ。」

 

え、採卵するわけじゃないのに、

クロミッドとか移植で使わないでしょ?

 

現在、確かにゴナールFやらクロミッドなどの、

卵胞刺激の薬を使っていないので、

自然周期での採卵だったら納得ですが、

 

今回は移植周期よね?

貴方、自分でも、そう聞いて来たよね?

 

それとも何か、このクリニックだけ、

自然周期での基準が違うのか?

 




 

「では、自然周期なら、

今日、Day14で、そろそろ排卵だと思うんですが、

もう直ぐに移植ってことですか?

先週、ドクターは、移植まではあと2〜3週間かかると言われたんですけれど?

いつ頃、移植になりそうですか?」

 

「血液検査次第です。

それによって、数日後か、

もう少しお薬で調整するかもしれないし、」

 

薬で調整するならホルモン補充周期じゃないんですか?

 




 

「じゃあ、内膜の厚みはどのくらいですか?」

 

「5ミリです。」

 

 

ご、ご、5ミリ!

(((;゚Д゚)))

 

 

「5ミリじゃ薄くて移植無理じゃないですか!」

 

「なので血液検査次第ですが、

引き続きエストロゲンを飲んでもらうかもしれません。」

 

「エストロゲンは、卵胞を抑制すものだと聞いたのですが、

内膜も厚くするんですか?」

 

「今後プロゲステロンの補充もされると思いますが、

エストロゲンも内膜厚くしますよ。」

 

それじゃ、やっぱり自然周期じゃなくて、

ホルモン補充周期での移植になるんじゃねぇ〜の?

 




 

「あの自然周期での移植って言ってましたけれど、

今、Day14で卵胞見えてましたよね?」

 

「えぇ、右が8ミリ、左が7.5ミリです。」

 

おぉ、前回、左はゼロだったのに!

 

サイズ的には均等だが、

Day14で、8ミリ前後って成長遅いよね。

 

「あの、せっかく卵胞がいるので、

自然に性交渉もしていいですか?」

 

もちろんいいわよ!」

 




 

結局、自然周期での移植と言われたが、

今後、引き続きエストロゲンと、

プロゲステロンの追加が血液検査次第でされるらしいと、

 

これは、ホルモン補充周期じゃないんですかね?

 

混乱のまま、見習いミーナとのソノグラム検診を終える。

 




 

全然、納得しませんで( ̄∀ ̄)

それどころか混乱しましたがw

 

もう自然周期だろうがホルモン補充周期だろうが、

これ以上ミーナを突っ込んでも、

余計に混乱するので、

 

とにかく移植で!

内膜だけは、厚くして下さいね。

 

と、納得することにした。

 

こんなんでいいのだろうか。

 

移植に関して、ご意見アドバイスお待ちしております。

 




 

アラスカ紀行は、YouTubeで細々とアップしてます。

テクノロジーに時代ですが、

iPhoneの限界と自然の大きさをリポート

@デナリ国立公園

 

おかげさまで遂にYouTubeのサブスクライバーが

780人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと220人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.