アラスカ氷河クルーズの悲劇!

投稿日:2021-08-22 01:59 更新日:

 

 

人命最優先!

 

そんなことバケーション中にはすっ飛んじゃうけど。

 




 

アラスカに到着して、

一番最初の観光は、

もうアラスカの目玉であろう

 

 

氷河クルーズ!!!

 

ですよね~。

 

それに備えて、

NYから7時間フライトでアンカレッジに夜到着、

旅の疲れを癒すため、

ホテルにチェックインして、直ぐに消灯!

 

いや、白夜アンカレッジは日が暮れるのが遅いのに、

店じまいが早いんで、やることがなかった。w

 

(サタデーナイトでも、酒場すら午後11時にはクローズ)

 




 

お陰で早寝早起きw

朝7時発のリムジンバスで、

港町スワードに向かいました!

 

その様子は動画でどうぞ!

 

 




 

午前9時半頃には、港町スワードに到着!

 

 

氷河クルーズは午前11時からなので、

朝食をしようと、こちらにやって来ました!

 

 

アラスカ鉄道の車体を使ったカフェです。

ここでブレックファーストサンドイッチと

ブリトーを注文!

 

 

ブリトーめっちゃ美味かった!

 




 

午前11時15分には、船が出発するので

10時45分にはクルーズオフィスに集合してと言われていて、

時間厳守でピッタリ10時45分にやってくると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう殆どの人が乗船済みで、

 

 

もうコロナは収束したのかってくらい、

意外に、沢山の人が乗ってて、

 

「あんなに沢山の客に混じって乗船したくない!」

 

とか言い始めたジョンさん。

 




 

この場に及んで、何を言う!

165ドルも払ってるんだぞ!

 

ジョンの言い分など聞く耳持たずで却下。

 

船に乗りたくないなら、165ドル無駄にして、

6時間クルーズの間、沖で待ってるといい!

 

すると・・・

 

 

おいっ!

アタシより先に乗り込むジョンさんでした。笑

 




 

もう、遅れての乗船のため、

既に、2階席や窓際席は、陣取られ、

ウチらは、1階の中央階段下の席しかも残っておらず、

 

今後クルーズ参加の方は、

早めに集合しましょう!

 

とはいえ、席を確保しても、クルーズが始まれば、

皆、デッキに出て、クルーズを楽しむので、

さほど座席は支障なし。

 

 

アラスカに、NY州のデザインのキャップを被って来たんだけれど、

そのシブいウィンドブレーカーとマッチしすぎで、

 

なんか、ポルノ映画の監督みたい・・・www

 




 

乗船客が多すぎると文句を言っていたジョンさんも満喫!

 

 

 




 

出発した港がだいぶ小さくなってきて、

 

 

乗船して、まもなくランチが配られ始めた。

 

 

いや~、さっき朝ごはん食べたばっかりだから…w

 




 

クルーズは続き、

 

 

1時間半くらい経って、

そろそろ、ベイエリアから海に出てきたころ

 

 

クルーズキャプテンのアナウンスが、

要所要所で流れるんだけれど、

 

この勢いで、クルーズは進むので、

外に出ていると、全然、聞こえないのよw

 

 

いや、船内にいても、

モゴモゴしてて聞き取りずらいけど、

しかも、英語だから余計に聞き取りずらいw

 

 




 

まだまだ氷河にたどり着いてないので、

ジョンさんが船内で休憩している間も、

 

なんか、岩とか出てくると、

ラッコでもいるんじゃないかと、

キョロキョロ見回すアタシで。w

 

 

で、またキャプテンが、

なんかアナウンスしてたんだけれど、

全然聞こえずw

 

 

ほとんどの人、気づいてなかったと思う。

 

 




 

一休みで、ジョンさんの待つ船内に戻ると、

 

「キャプテンの放送聞こえなかったの?」

 

「えっ?なんか言ってたけれど、

ほら、外だから正確には何言ってたのか聞こえてない。」

 

「エンジントラブルで、

俺ら、また港に戻るんだよ!」

 

 

What?!?!?

 

 

まだ1時間半くらいしか船乗ってないし、

まだ、氷河も見てないし、

まだ、野生動物すら見てないし、

 

「今から港に引き返すって、どういう事?

エンジントラブルって、どういう事?」

 

「それを、キャプテンがアナウンスしてたのに、

あぁ、多分、外にいた人は、

みんな聞こえてないんだろうな。」

 




 

すると、クルーの船員さんが、回って来て、

 

「みなさん、エンジントラブルのため、

船は、これから港に引き返します!

 

エンジントラブルです。

高温に温まり過ぎたエンジンのため、

これ以上の続行は難しいので、

あまりに高温にならないように、

低速度で港に引き返します!」

 

と、説明しながら歩き回っていた。

 

特に、甲板に出ている人は、

ほとんどの人がアナウンスを理解していないので、

船員さんは、デッキにいる人にも、説明して回った。

 




 

観光客としては、

アラスカまで来て、

メインの氷河を見ずに引き返すのは、

 

えっ?

ウチラ、アラスカに何しに来たん?

 

決して、お安いツアー料金ではありませんから、

 

この氷河を見るために、

NYから7時間のフライト、

アンカレッジから2時間半のドライブと、

約9時間近くかけてやって来たんですよ!

 

それで何も見ないで帰れって、

そりゃ、納得しないわけよ。

 




 

エンジントラブルで、火災とか発生して、

船沈没して、命に関わる事なら、

 

それでも氷河みたい!

 

とかわがまま言えませんけれど・・・

 

他の観光客も同じように思っていたと思う。

 

説明して回る船員さんに、

 

「このまま港に帰って、

このツアー代金は、返金されるんですか?」

 

「今は、乗客の皆様の安全第一を考えて、

港に引き返すことが最優先で、

今の時点では、返金についての事務的手続きについては、

私どもには、決断できず、

クルーズオフィスとの連絡を取っていますので、

その点は、しばらくお待ちください。」

 

とのことだった。

 




 

そりゃそうだよな、安全第一。

 

氷河も野生動物も見れなかったけれど、

実際には、クルーズは始まってたし、

ランチまで提供されちゃってるし、

 

それよりも、

返金されても、エンジン爆破で死んだら、

返金されても困るしね。

 

今は、安全に帰れることが一番。

 




 

と言うことで、熱くなり過ぎたエンジンが、

これ以上熱くならないように、

 

1時間半かけて来た道を、

2時間半かけて、ゆっくり低スピードで、

港に引き返すとのことだった。

 

命あっての人生で、

この決断は、正しいことなんですけれど・・・

 

やっぱり、観光客ですから、

 

アラスカ観光の目玉である、

氷河と海の野生動物たちが見れないのは、

 

大きな打撃よね。

 

(これは、今から港に引き返します!

と言われた直後のショック過ぎて反抗的な観光客の反応ですw)

 




 

とても残念ではあるけれど、

クルーズキャプテンをはじめ、

船員の皆さんの、

適正なる判断に、感謝です。

 

1時間半ほどのクルーズを楽しんだと思って

納得しようと思ってたら、

 

なんと、また船長からのアナウンスで、

 

「今回のツアーは、全額返金致します!」

 

とのことだった!

 




 

 

スゲ~!

 

やっぱ、そこそこ大きな会社のクルーズに参加してよかったよ。

 

保証はバッチリだ!

 

これで、返金にならなかったら

かなりのクレームが来るだろうと予想されますし、

 

クルーズ会社も他社との競争が激しいですから、

評判を落としても、

そっちの方が損害が大きいだろうからね。

 

 

「氷河と野生動物を見る!」

 

 

これを売りにサービスを提供したわけですから、

それが提供できなかったら、

たとえ、人件費やクルーズ費用が掛かってしまっても、

やはり返金が無難な対応だと思われる。

 




 

特に、思い出を作りに来てくれる観光客だから、

時間割いて、お金払って、その経験を提供出来ないとなったら、

 

返金でも、納得いかない!

とか文句言う人も出て来そうだもんね。

 

アタシだって、確かに、NYから遥々来たのに、

氷河クルーズに参加して氷河見れずって、

ちょっと納得いかないとか思うし、

かなりの不運だったなと思ってしまうけれど、

 

返金されたことで、少なからず、

無料でクルーズとランチを楽しめたと思えるし、

 

マジで、無事に帰ってこれたことに感謝すら出来る。

 




 

と言うことで、氷河ツアーで氷河見れずという、

残念な報告なんですが、

 

これを、不運と思うんじゃなくて、

生きて帰れたことへの感謝に変えて、

 

旅のリポート終えたいと思います。w

 

アラスカに来て、氷河クルーズで氷河見れず、

やっぱり、今回はハネムーンじゃなくて正解です!笑

 

キャンセル新婚旅行
ハネムーンはキャンセルされた!(アラスカ上陸したけれど?)

    一生に一度は行ってみたいハネムーン。       ウチラは、コロナ真っ只中の3月に、 オンライン結婚を、サクッと、 ひっそりやったわけですが、 ...

続きを見る

 

 




 

では、次回は、

6時間の氷河クルーズが、急遽3時間で終わってしまい、

アンカレッジからリムジンバスが迎えに来るまでの、

残りの3時間を、どう過ごすのか?

 

港町スワード第2弾、

そちらの、旅リポートお届けします!

 

では、今回の氷河クルーズ、票がナシの模様を、

動画でもご覧ください!

 





 

そして、なんと遂にYouTubeのサブスクライバーが

770人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと230人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

    

 

 

-

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.