高齢妊活

新鮮初期胚移植の疑惑。(子宮内膜炎のまま移植は可能か?)

投稿日:

 

 

運命って、自分で決めるのか?

 

 




 

先日、15回目の採卵を終えて47歳のこりんご。

 

15回目の採卵
47歳、15回目の採卵 (有終の美を飾りたい!)

    有終の美   を飾るつもりでいたんですよ。   これまでの2年間の体外受精。 勝手に、このサイクルが優秀の美であるとゴリ押ししていた47歳。 &nbsp ...

続きを見る

 

3つ採卵出来て、

1つは変性卵で破棄、

残りの2つが培養されました。

 




 

翌日、培養結果が届く。

 

ジャジャンっ!

 

 

あぁぁ、(ノД`)

 

1つは正常に受精して、

もう一つは、アブノーマルに受精で破棄された!

 

47歳らしい結果ではあるが、

前回も2つ受精で、2つとも凍結に至ったので、

今回も、期待してしまった。

 




 

さて、この一つの受精卵を、

新鮮初期胚移植するか?

または凍結するか?

 

そんな瀬戸際でしたね。

 

と言うのも、内膜炎の検査結果が出ていない上に、

子宮に水が溜まっていると言う!

 

子宮に液体?
七夕から延期した15回目の採卵の危機!

    七夕だったその日。   星に願いをかけても、 お医者さんの言うことはちゃんと聞こう。     七夕に、採卵をする予定だった47歳。 &nbsp ...

続きを見る

 

おいおい、もう新鮮初期胚移植してる場合じゃないでしょ?

 




 

とりあえず、移植前日まで水が溜まってたら移植は出来ないからと、

担当医が、その移植前日に、モニタリングで、

移植出来るかどうかの判断を下してくれると言うことになった。

 

そして移植予定前日の朝。

 

結構、待たされてやっと血液検査、

その後は直ぐにソノグラム検診室へ行くよう指示される。

 




 

かなり待たされたので、

 

「あの、ちょっとトイレ行ってきていいですか?」

 

「もちろんよ、

そして、尿も取ってきて。」

 

と、尿検査カップを渡される。

 

「えっ、これ何のための検査ですか?」

 

「子宮内の液体を見る処置の前の妊娠確認のためよ。」

 

えっ、そんなの普通のソノグラムで見えるんちゃうの?

それとも、何か違った処置するのか?

 




 

まぁ、言われるままに尿検査も受けたけど、

 

子宮内膜炎になってから、毎月、組織検査で、

もう3ヶ月も性交渉出来てない。

 

検査の後、2週間、膣に挿入物を入れてはいけないと指示が出るし、

その後、2週間は、生理になるので、また出来ず、

生理終われば、また再検査でと・・・

 

しばらくアタシの子宮には、精子が侵入禁止になっていたので、

絶対に妊娠出来るわけない状態での妊娠尿検査。( ̄∀ ̄)

 




 

さて、やっとドクターがやって来て、

ソノグラム検診開始。

 

「水が溜まってないこと祈るわね。」

 

尿検査したから、特殊な検査が始まると思いきや、

 

いつも通りのソノグラム検診なんですけど?

あの今日検査は、本当に必要だったのか?

 




 

「液体はなくなってるわ!

大体、採卵後には、なくなるもんなのよ。

内膜の8mmだし、移植しましょう。」

 

おお、よかった!

けど、内膜8mmは、アタシの中では薄いんですけれど。

 

「採卵で、卵いくつ取れたの?」

 

えっ、チャート見てないんかいな?

 

「3つ取れましたが、移植出来そうなのは1つです。」

 

「そう、1つね。

まだ子宮内膜炎の炎症残ってるけれど、

ステロイド出すから、移植しましょう!」

 

えっ?!

 

炎症残ってるのに、

 

移植するんかいっ?!(゚Д゚;)

 

 




 

「大丈夫よ、今日からステロイド飲めば、

これで妊娠しなかったら、次回、子宮内の処置するから。」

 

何、その子宮内の処置って?

それ移植前にやってくれないんかい?

 

こんな時は、英語が辛いよ。

 

一体、何の処置なのかドクターの聞いても、

説明されたのに、よく分かってないからだ。

 




 

「今日からステロイド飲んで、明日、移植ね。」

 

「先生、凍結胚もありますが、

まさかそれも一緒に移植ですか?」

 

「一緒に移植したいの?」

 

「いえ、新鮮初期胚だけお願いしたいです。」

 

こんなコンディションだから、

一緒に移植したくないわけで、

 




 

「でも、炎症があるのに、移植して本当に大丈夫ですか?

もう3種類も抗生物質を飲んだのに、治らないってことは、

もう治らないんですかね?」

 

「I know!  But don’t worry, let’s do transfer!」

気持ちわかるわ〜、でも心配しないで!

 

えっ、質問の答えがいただけてないですけど?

 




 

とりあえず、移植の方向で行くことが決まったのですが、

何度考えても、

 

炎症が残ったまま、

移植してもいいんかいな?

 

その後メールでナースにも質問してみた。

 

「明日、移植なんですけれども。

今朝のモニタリングで、

子宮の炎症がまだ見られるのに、

どういうわけか移植が決まったのですが、

 

私が常に新鮮初期肺移植を希望していたので、

ドクターが移植を勧めたのでしょうか?

 

であれば私のほうは凍結にしても構わないので、

今の状態でベストな指示をいただきたいと思いますので、

本当に明日、移植しても良いのか、

もう一度ドクターに確認願いますか?」

 

このメールを見て受け取ったナースも、

炎症があるのに移植と決まったことに驚いたのか、

 

「ドクターに確認するのでまた折り返し連絡します。」

 

との返答だった。

 




 

そして、そのナースから返答が来る。

 

「ドクターはこの状況で移植しても良いと判断しております。

今日からステロイドを飲んでください。」

 

ナースは、自分の意思はあれ、ドクターの指示が絶対なので、

ドクターが移植と言っているから移植でしょという態度に変わっており、

 

ドクターはやっぱり移植で行くことを曲げなかった。

 

だったらドクターの指示に従うべきか?

 

これで着床しなかったら、

内膜炎が原因なのか年齢が原因なのか、

わからないっちゅうに!

 




 

毎回、採卵や、移植前に、何かしら問題のある女こりんご。

 

今回も、切羽詰まって、ブログでタイプする時間がなく、

考える余地も、時間も全然なくて、

またこの状況をライブ配信してしまいました・・・。

 

 

すみません、YouTubeは、皆さんに情報を提供するためのものなのに、

いつも、自分が皆さんに相談を投げかけて・・・

 

まだ決断出来てませんが、

あと4時間で移植予定時刻ですよ・・・

 

どうするんだ~。

 

この状況、貴方だったらどうするか?

良かったらご意見お聞かせください~。

 




 

そして、なんと遂にYouTubeのサブスクライバーが

740人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと260人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.