高齢妊活

七夕から延期した15回目の採卵の危機!

投稿日:

 

 

七夕だったその日。

 

星に願いをかけても、

お医者さんの言うことはちゃんと聞こう。

 




 

七夕に、採卵をする予定だった47歳。

 

七夕採卵
アメリカ独立記念を不妊治療クリニックで!

    インプットがアウトプットを上回る。   ブログ配信便秘状態。www     怒涛のJuly 4th Weekendが過ぎ去った・・・ &nbs ...

続きを見る

 

しかし、いろんな都合で、

採卵を1日伸ばしてもらった。

 

アタシ的には、ホルモン数値からも、

採卵執刀医のスキルからも、

 

どう見ても、1日伸ばした方が良さそうだったから、

 

採卵延期を申し出た。

 

自己採卵指示
アメリカ独立記念日に自分で不妊治療の指示を出した女。

    アメリカ独立記念日に、 遂にアタシは、医師の指示を覆した!     July 4th 国民の祝日に、 不妊治療クリニックにいたワタクシですが、 &nbs ...

続きを見る

 

そして、採卵予定日だった7月7日七夕は、

1日伸ばした採卵前モニタリングとなった。

 




 

その七夕の朝、

 

ソノグラム検診のため、診察台で、

大股広げてドクターを待っていると、

 

「How are you?」

 

とホリデー休暇明けのドクターMがやって来た。

 

「じゃあ、まだ排卵してないか確認するわね。」

 

 

はっ!

 

 

そう、採卵の予定を延期するということは、

排卵のリスクがあるということを忘れるなかれ!

 

アタシが1日採卵を遅らせてくれと言ってしまったから、

万が一、排卵してたら、アタシの責任!

(いや、クリニックも承諾したし。)

 




 

「右は、21mmと13mmで、

首席卵胞、まだ排卵せずに、ちゃんとあるわよ!

左も、21mmね。」

 

3日前は、17mm、13mm、9.5mm、9.5mm

だったから、この3日で上位2つが21mmになって、

 

今日採卵だったら、丁度いい大きさを2つ取れたかもしれない。

 

しかし、採卵ドクターの腕がないドクターだったから、

そこで取れなかったら終わりだし、

 

だから1日伸ばしてもらったわけだけど、

 

本当に妊活は、タイミングが命!

 




 

腕のいいドクターを取るか?

卵胞の成長を取るか?

 

採卵は、取れなきゃ培養も出来ないので、

腕の良いドクターを選んだけれど、

 

でも、翌日の採卵では、卵胞は21mm以上になってしまう。

 

つまり、これまでの経験からいくと、

自分の場合、20mm以上は、成熟し過ぎなんだよな。

 

(あ、だからドクターは、七夕に採卵を予定したのかもしれない。

でも、だったら、追加の卵胞刺激注射まで打たなくてもよかったのではないか?)

 




 

「ドクター、13mmも採卵可能ですかね?」

 

「We will try. 」

 

「内膜は、8.1mmね。」

 

「あの、先週、子宮内膜炎の検査したんですが、」

 

「Oh, really?  あら、そうなの?」

 

あら、そうなの?って、

チャートに記載されてるはずだし、

読んでないの?

 

「で、まだ検査結果出てないと思いますが、

もし炎症がなくなってたら、

新鮮初期胚移植で行きたいのですが、」

 

「う〜ん、

ちょっと子宮内に、Fluidがあるから。」

 

えっ?

Fluid?

 

液体があるって?

 

「あの、それがあるとどう影響するんですか?」

 

「移植には適していないのよ。」

 




 

えっ、なんで水が溜まった?

内膜炎が治ったのかもまだ分からないのに、

もう、こんなに問題抱えたら、

 

全然、移植なんて無理やんっ!

 

「お薬処方するから、

移植予定の前日に、また来てね。

その時、移植出来るか判断するわ。」

 

「移植出来なかったら、凍結ですか?」

 

えっ、そうでしょ?

破棄するき?

 

と言うように頷いたドクター。

 




 

あぁ、なんか、どんどん遠回りして、

全く前進していない気がした。

 

そして時間だけが過ぎて行き、

歳を取って、道は、なお厳しくなってゆく。

 

47歳と7ヶ月ですから・・・

 




 

そして翌日の朝。

 

これから採卵に向かうんだけれど、

 

なんなんだ、この絶望的な思いは?

 

まず、21mm以上に育ってしまっているであろう2つの卵胞。

アタシの場合は、あまり大きく育つと受精しない上、

 

子宮に水が溜まってると来たもんだ!

 

子宮内膜炎だって完治してるか分からないのに、

 

あぁ、このブログ書きながら、

今から採卵する意味はあるのかって・・・

 




 

もう、ここまで来たから、

 

背水の陣!

 

負け戦と分かっても、後には引けぬ。

 

(何故に戦国時代の武将気取り?)

 

あぁ、朝一番のクリニックでは、

妊活戦士たちが、戦闘態勢で出陣待機。

 

 

 




 

では、チェックインを済ませ、

これから採卵の陣へいざっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回、採卵事変をお届けいたします。

 




 

あ、採卵の陣に向かうこりんご武将の断髪後、

初公開写真だね~。

 

先週、髪を癌の子供達にウィッグを提供している団体に、ドネーションするために、

バッサリ48センチ切り落としました!

 

ヘアドネーション
ヘアドネーションをしよう!(髪を寄付する理由)

    今、変化の時!   変化することへの不安より、 変化することのドキドキを楽しもう!     今まで背負って来たものを、 バッサリと断ち切って来 ...

続きを見る

 

では、本日の動画は、ヘアドネーションをしよう!

その2を、ここでも公開!

 

 

そして、なんと遂にYouTubeのサブスクライバーが

740人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと260人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.