こりんごムーブメント

ヘアドネーションをしよう!(髪を寄付する理由)

投稿日:

 

 

今、変化の時!

 

変化することへの不安より、

変化することのドキドキを楽しもう!

 




 

今まで背負って来たものを、

バッサリと断ち切って来ましたよ!

 

3年間、伸び続けた髪!

 

 

バッサリ切り落として決別。

 

でもね、アタシ、ただ髪切るなんてつまらない!

何か、それで得もしたいじゃない?(意地汚いw)

 




 

実は、2年前に、

 

ウチのクリニックに歯科クリーニングに来ている9歳の女の子がいて、

とっても綺麗な真っ黒な長い髪をしてたんだけど、

 

突然、その髪をバッサリ切って来たのよ!

 

失恋なんて昭和じゃないし、

バリバリ、ジェネレーションα世代の子だし、

(アタシはジェネレーションXのバリ昭和w)

 

なんでまた、そんなにバッサリと?

 




 

なんでも、その髪を、

癌で髪の毛を失った子供たちの寄付するために

切ったんだって!

 

すんばらしいっ!!!

 

 

その子のママに聞いてみた。

 

「偉い娘さんですね。

お母さんの教育がいいんですね。」

 

「いえ、私は何もしてないんですよ。

彼女が、全部、一人で決めて、

一人で寄付する団体も見つけて、」

 




 

 

Wow!!!

 

アタシが9歳だった頃、

そんな立派なこと考えたこともなかったと思う。

 

聖子ちゃんカットとかしてたくらいかも。w

(でも、本当は小泉キョンキョンカットだったけど。)

 

さすがα世代、インターネットが生まれた時からあった世代ですから、

自分でネットをサーチして、

自分でドネーションを決めて、

 

この世代の子は、アタシが想像しているよりも、

マインドはテクノロジーアダルトである。

 

アタシも、ヘアードネーションを聞いたことはあったが、

漠然と、ヘアーを売って家計を助ける若草物語とか、

そんないつの時代だよって言う時代錯誤w

 




 

そこで、アタシは、

癌で髪を失った人達のために

髪を寄付すると言うことを知り、

 

9歳の彼女にインスパイアされ、

 

アタシも、自分の髪を寄付したいと思い始めて、

髪を伸ばし始めた。

 

髪を寄付するのにも、

色々規定があって、

ブリーチした髪やパーマされた髪もダメで、

中には白髪受け取らない団体もあった。

 

寄付団体によってその規定も違うのだが、

大体12インチ(30センチ)以上の髪が必要だった。

 




 

去年の暮れくらいには、

ゆうに12インチは超えてたので、

 

ここ最近、白髪も増えて来たし、

急がねばと思っていたが、

 

どこの団体に寄付するかとか決めなきゃ行けない上に、

新しいことをする時は、それなりの気力が必要で、

 

すぐに取り掛かれなくても、

そうすればもっと髪が伸びて、

たくさん寄付が出来ると言い訳言って、

 

もう夏がやって来てしまった。w

 




 

ところが不思議。

 

後回しにしていたヘアドネーションなのに、

急に星の巡りかなんかか?

 

6月の下旬に、思い立ったかのように、

どこの団体に寄付するかを最終的に決めて、

髪を切ってくれるスタイリストさんに連絡!

 

トントン拍子で動き出し、

 

モタモタしてたあの半年はなんだったんだという感じで、w

 

半年も動きを止めていた、

このヘアドネーションが実現した。

 

あぁ、実現って思ってるだけじゃダメで、

動いてなんぼだね。

 




 

遂にヘアドネーションが実現!

 

 

久々にSOHOに出向き、

ヘアサロンに到着!

 

 

3年ぶりのへアカットです。

 




 

今、人工毛でのウィッグが足りなくて、

人工毛ウィックは、本当に高価なんだそうよ。

ゆうに1000ドル (12万円)超えるって!

 

だけど、ウィックを必要としている人は、

それ以上に多いらしい。

 

調べていたら、癌の治療で髪を失った子供たちが、多いことも今更知ってね。

(なんでもっと早くに知らなかったんだよジェネレーションX)

 




 

どのヘアドネーション団体に寄付するかも、

結構重視したよね。

 

中には、寄付した髪を、

売っている団体とかもあったのよ。

 

なので、アタシが選んだ団体は、

アメリカでは一番古いヘアドネーション団体で、

子供たちに無料てウィックを提供していると言う、

Wigs for Kids に寄付することを決めたのよ。

 

アタシ、今、妊活中だし、

一人でも多くの子供たちが笑顔になってくれたらと、

 




 

それでね、このアタシの行動で、

 

「あ、私もヘアドネーションやってみようかな?」

 

って思ってくれる人がいたらいいなと思って、

 

ヘアドネーションリポート動画、

拡散配信して行こうと思ってる。

 

と言うことで、まずはヘアドネーションのために、

「美容院へ行こう!」

を公開しました!

 

 

いちいち大騒ぎですけれど。w

 

続くから、チャンネル登録してみてね。

 




 

そして、なんと遂にYouTubeのサブスクライバーが

740人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと260人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

    

 

 

-こりんごムーブメント

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.