高齢妊活

子宮内膜炎の再検査結果が出ていない?!採卵するかキャンセルか?

投稿日:2021-06-11 08:29 更新日:

 

 

どうしたらいいか分からない時。

 

もうなるようになれっ!

 

と腹をくくることも出来るけれど、

 

人間ジタバタするのが常で・・・

 




 

47歳、14回目の採卵は、

直前まで迷いに迷っていた。

 

しかし、

 

勢いに乗った感じだった。

いや、乗るしかなかった。

 

採卵当日。

 

アタシの予約は7:10amと、

一番最初の採卵患者らしい。

 

今回、採卵に踏み切るかどうか迷っていたのは、

 

子宮内膜炎の再検査の結果が出ておらず、

かと言って、

凍結をする経済力の無さで、

新鮮移植しかチョイスがなかった。

 




 

凍結は、保険でカバーされず、

凍結と、移植時の解凍だけで、

各1500ドル(16万円)、

トータル3000ドル(33万円)

かかるわけよ。

 

10個くらい凍結出来るなら、

33万円払う意欲もあるけれど、

 

卵が10個でも、1個でも、凍結費一緒!

 

1個しか取れない卵胞に、毎回凍結出来ない。

 




 

と言うことで、もう経済的に新鮮移植一択なのだが、

 

そんなアタシが、子宮内膜炎!!!

 

新鮮胚移植の選択が消えたわけだ。

 

だから、前回、最高に体調がよかったのに、

凍結前提での採卵に、

思い切って胚盤胞を目指したら、

撃沈したわけですよ・・・。

 

 




 

それで抗生物質を14日間飲んで、

子宮内膜炎が改善されてるはず!

 

 

と、検査結果で出るまで延長で抗生物質を飲んで、

 

望んだ今回のサイクル!

 

だったのに、

 

 

再検査の結果が出てねぇ〜よっ!!!

 

 




 

今回、再検査で炎症が消えていなかったら、

採卵は、キャンセルしよう!

 

ってことになってたのに、

 

検査結果、

まさかのペンディング!!!

 

これじゃ、キャンセルのしようもない!

 

だって結果が出てないだけであって、

炎症が消えているかもしれない可能性もあるからだ。

 

とりあえず、流石に採卵前には結果も出てるだろうから、

 

採卵直前まで、結果を待って、

そこで、どうすればいいか相談しましょうと、

 




 

っていうか、アタシの予約は朝一番の7:10am

 

クリニックは、6:45amからオープンしているが、

朝一は、結構行列が出来て、

チェックインが直ぐに出来ない。

 

15分早めの6:30amに到着したが、

すでに行列!

 

クリニックにチェックイン出来たのは、

6:55amだった。

 

あと15分で採卵なのに、

その前に、ソノグラム検診して、

ナースと面談、

 

その上で、内膜炎の相談する時間あるのか?

 




 

採卵予約が間近なので、

今日のソノグラムは、流れ作業の4階で行うことになった。

 

あぁ、4階のソノグラムは、

ランダムなソノグラファーに適当に見られて終わりで嫌なんだよね。

 

特に、採卵前のソノグラムは、

排卵していないかどうかのチェックだけなので、

本当に雑なのである。

 

しかも、こう言う時に限って、

めっちゃザツなロシア人の大雑把さんに当たってしまった。

 




 

この人は、本当にザツだから、

前回も、卵の大きさを聞いたら、

 

「今は大きさ関係ないわ!

排卵していないかどうかを見るだけよ。」

 

と言われて拒否られ、

 

では新鮮胚移植なので内膜の厚みはと聞いたら、

 

「薬でなんとでもなるから、

採卵前の今は、それも関係ない。」

 

とダブルで拒否られた!

 




 

こっちは、金払ってる客だぞっ!

 

お客様は神様です精神が、

みじんもないロシアン大雑把さん。

 

だが今回は、負けないぞ!

 

「今日これから採卵で、左右に1個ずつあります。

右は昨日15mmだったんですが、

今日はどのくらい育ってて、採卵可能でしょうか?」

 

と先回りして聞いた。

 




 

すると、

 

「それはドクターが決めることよ。

私が分かるはずないじゃないの!」

 

と言い返された。

 

そりゃそうですが、

採卵可能の大きさに育ってるかを聞いているのにっ!

 

なんなんだ、この患者対応は!

 




 

しかし、アタシが余りにもしつこいので、

ぶつくさ言いながら、

 

「でも17mm。」

 

ポソリと言った。

 

ヤッタ!

このザツコフスキーに採卵前の卵胞の大きさを測らせたわっ!

 

それだけで大手柄!

 




 

そして15mmの卵胞ちゃん、1日で2mm成長!

これは採卵可能な大きさに前進ですよ!

 

(ちなみにスルーしたけれど、ザツコフスキーとは?www)

 

では、今度は、肝心の内膜の厚みを聞かねば!

 




 

「新鮮胚移植なんです!

内膜も、どうか見て下さい!」

 

「7.8mm 問題なしよ、

Good luck!」

 

8mmにも届かずか・・・

問題なくはない・・・。

 




 

やはり、もし内膜炎の炎症が完全に消えてなかったら、

今回のサイクルは、万が一胚の質がよかったとしても、

受け皿がアウトだからキャンセルか?

 

胚盤胞にでもなってくれるなら、

たった1個でも、33万円で凍結してやれるが、

 

初期胚一個の凍結に33万円ってどうよ?

 

ただでさえ凍結と言う過程において受精卵がストレスにさらされるなら、

新鮮移植してやりたい!

 

しかし初期胚になるのだって精一杯なのに、

(前回も8分割まで行って止まってしまった。)

 

いや受精するかしないかと言うレベルだったりもするからな。

 




 

おい、そんなこと悠長に考えてる暇ないぞ!

もう7時で、採卵まで、あと10分!

 

ナースに呼び出され、採卵前の面談が始まる。

 

「では、名前と生年月日を確認の為に、言ってください。

では、こちらのリストバンドの名前と生年月日が自分のモノか確認してください。

 

今日は、新鮮初期胚移植の予定で採卵でよろしいですね。」

 

「あの、先週やった子宮内膜炎の再検査の結果は出てますか?

それで、炎症が消えていれば、予定通り新鮮初期胚移植で行きたいのですが。」

 

「ちょっと見てみますね。

あ、まだ結果出てませんね。」

 

 

えぇぇぇ!!!Σ(゚д゚lll)

 

じゃあ、話し合いも何も無いじゃないかっ!

 




 

「私は、新鮮初期胚移植で行きたいのですが、

結果が分からないとなると、

今回採卵して、その後、炎症が治ってなかったら、

移植出来ませんよね。

 

結果が出てないとなると、

決めようがありませんけれど、どうすれば?」

 

「大丈夫ですよ。

新鮮初期胚移植の予定で、採卵しておいて、

移植前には結果が出ると思うので、

万が一、炎症が治っていなかったら、

こちらから連絡しますから。」

 

「連絡されるのはいいのですが、

つまり、3日まで育ったとして、

内膜の炎症がおさまってなかったら、

移植は出来ないってことですよ。

となると・・・。」

 

「そうです、移植出来ないので、

凍結します!」

 

あっさり言いやがって~

凍結、いくらするか知ってますよね~。

 

お金払うのはアタシなのに~。

 




 

「凍結はちょっと~」

 

「何か問題でも?」

 

「凍結は、3日ですか?」

 

「3日で初期胚を凍結します。」

 

「あ~、無理を承知で、胚盤胞を凍結してもらってもいいでしょうか?」

 

「Sure!もちろんですよ!

では、新鮮初期胚移植で、

移植前日に内膜炎の検査結果が陽性だったら、

胚盤胞凍結と言うことでよろしいですね。」

 

いや~、全然、よろしくないですけれど、

あと5分で、採卵時間ですし、

 

もう、迷ってる時間もなくて、

 

胚盤胞狙いは、もう凍結を諦めてる気がするけれど、

内膜炎の検査が陰性であることを願うしかないっ!

 




 

「今日の採卵は、

ドクターLをリクエストしましたね。

 

あら、ちょっと待ってね、

今日、ドクターL 来てたかしら?」

 

えっ、もし、ドクターL がいないとなると、

元々、今日の採卵担当の、新入りドクターがやることになるっ!

 

先月、とんでもない採卵だったので、

 

最悪な採卵
13度目の採卵の行方

    悲劇って、突然やってくる・・・。   そんな時こそ、落ち着いて物事をうけとめるのよ!     って、無理無理無理無理!( ̄Д ̄)ノ &nbsp ...

続きを見る

 

もし、このドクターが採卵になるなら、

マジで、キャンセルだっ!

 




 

では次回、

ドクターL に採卵してもらえるのか?

それとも、新入りドクターでキャンセルか?

 

またまた引っ張るね~。(ゴメン)

 




 

では、本日の動画は、

子宮内膜炎よ、治っておくれ!

サプリと、抗生物質の動画です。

 

 

そして、なんと遂にYouTubeのサブスクライバーが

700人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと300人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

それから、このブログにメアドを登録すると、

アタシがブログを更新するたびに届きます。

(ウザい?)

 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

 




 

 

    

 

 

-高齢妊活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.