とんでもアメリカ生活

久々にアメリカのズサンな医療事務の話をしよう!

投稿日:

 

 

アメリカ生活19年。

 

もう驚きはしないけど、

 

またかよっ!💢

 

アメリカのズサンな医療請求!

 




 

日本人には考えられないような、

信じられないミスや、対応!

 

問題が起きるたびに、

その理不尽さに屈辱を味わったが、

 

その度に、アメリカを学び、

抗議する力も付いて来た。

 

いや、そもそも、普通に仕事してくれれば、

抗議する必要ない事態なのに・・・。

 

その対応のお粗末さに、唖然としてしまう。

 




 

あぁ、これまでも、戦い続けて来たよ、

アメリカの医療事務問題。

 

医療費がバカ高いので、

泣き寝入りなんか出来なかった。

 

 

高額医療費、事前説明もないまま請求されたり、

説明された額と、全く違う請求されたり、

これまでの医療請求で、ミスがないこと殆どない。

 

一度、納得せずに払ったしまったけど、

やっぱり病院側の手違いだった払い戻しも、

弁護士まで通して、ことを納めたりと。

 

 




 

現在も、不妊治療中で、医療事務のミスはしょっちゅうなので、

確認するまで支払わなかったり、

事務がやるべき確認を、患者のアタシがやってる。

 

でないと、意味もわからず請求されていることしばしだからだ。

 

さて、今回は、去年の暮れにやった胃カメラの医療費。

 

 

そう、医療事務の問題は、保険請求に時間がかかり、

発覚するのは、殆ど術後、数ヶ月後にやって来る。

 




 

大体、この胃カメラ、めっちゃ不本意だった。

 

アタシの持ってる保険が、ショボいので、

医療費のカバーがショボすぎるのもあるが、

 

これから胃カメラを飲む前に、

2250ドル(約24万円)を一括で払わされた。

 

結局、異常なしで、胃カメラ飲む必要なかったと言うオチまでついた・・・

 

 

まぁ、胃カメラ飲んだから、異常なしが判明したんでね。

 




 

事前に、このくらいかかるであろうと言われていたので、

心の準備はあったが、

 

まだ処置を受けてもいないのに、

前払いで、24万円払わされるんですよ。

 

あまりに高いので、

 

「これ以外に、余分なチャージはないでしょうね?

後から、追加で請求とかされても困るので!」

 

「この金額が全てです。

これ以外のチャージはありません!」

 

と言われてやった胃カメラ。

 

翌月に、案の定、

 

追加で1600ドル(17万円)

の請求書が送られて来た!!!

 

 

何でだよっ!!!💢

 

さすがアメリカや〜。

 




 

速攻、胃カメラセンターに電話した。

 

「あの、胃カメラ飲む前に、

2250ドルも払ってるのに、

何でまた、1600ドルのチャージがされてるんですか?」

 

「今、お調べします。

 

あ、それ間違いです。」

 

 

えっ、そんなの簡単に間違えって言っちゃってるけど、

 

17万円ですよ?

 

もし馬鹿正直に払っちゃったら、

その間違えに気付かないまま、

それでおしまいだろうし、

返金しろって言ったら、きっと渋りそう。

 

身に覚えのない請求書は、

鵜呑みに払っては行けません!

 




 

「1600ドルは、間違えですが、

135ドルが正式な金額です。」

 

えっ?!

 

「胃カメラをやる前に、2250ドルも払ってて、

これ以上、追加請求はないって言われたんですが?」

 

「これは麻酔の料金がちょっと予定よりかかったためです。

これは、処置をやってみないと分からないものですから。」

 

何その言い訳〜。

 




 

「では、また間違えられても困るので、

こちらも保険会社に確認してから払いますから、

新しい正式な請求書、送って下さい。」

 

そして、後日、その135ドルの請求書が送られて来た。

 

今時、チェック(小切手)郵送するなんて面倒臭いし、

切手代もかかるから、

直接、電話をかけて、クレジットカードで支払おうと思ったが、

 

なんか、コロナのため、人員を減らしていて、

 

「お待たせしておりますが、

貴方からの電話は、

とてもインポータントなので、

しばらくお待ち下さい。」

 

と言うお決まりの自動音声が流れ、

 

大事な電話なら待たせるなよっ!

 

とツッコミたいが、

これアメリカあるあるで、

とにかく一向に繋がらない。

 




 

やっと繋がったと思えば、

メッセージを残せと言う留守電に繋がった。

 

もちろんメッセージ残しても、

折り返し電話して来るアメリカの医療事務ではない。

 

支払い出来ないじゃん?

 

翌日、電話したら、やっと生身の人間に繋がった。

 

「すみません、請求書が届いたので、

お支払いしたいんですが。」

 

「かしこまりました。」

 

ところが、なんだか手こずってるみたいで、

 

「ちょっとコンピューターのシステムがダウンしたみたいで、

今は会計が出来ません。

システムが直り次第、こちらからお電話致します。」

 

「分かりました。」

 

結局、支払い出来なかった。

 




 

流石に、支払いをしたいと言っている客を、

放置したりはしないよなと思っていたが、

 

思いっきり放置された!( ̄∀ ̄)

 

こんな時まで、折り返し電話して来ないだなんて、

支払いして欲しくねぇ〜のかよ!

 

それから、何度か電話したが、

ヒューマンには繋がらず、

録音音声の繰り返し、

 

こっちも忙しいし、

電話するって言ってたのはクリニック方だ、

 

電話がかかって来るのを待ちつつ、

全然、電話もかかってこなかったので、

 

日々の忙しい日常に流されて、

支払いの件を忘れていた。

 




 

ちょうど、その頃!

 

な、な、なんと、

 

コレクションエージェンシーから、

支払い請求要請の手紙が送られて来た!!!

 

これは、いわゆる医療費を払わない人への、

取り立て屋みたいなシステムで、

 

最後の警告で、これを払わなかったら、

おなえのクレジットカードスコア低くなるぞ!

って脅しをかけているのである。

 




 

簡単に言うと、アメリカはクレジットカード社会で、

このクレジットカード指数が、

その人の信頼度になる。

 

クレジットカードの返済が遅れたり、

医療費なんかを払わないと、

まさに、その指数が悪くなり、

ローンが組めなかったり、

家が借りられなかったり、

 

まず、クレジットカードがなくて、

クレジットカードスコアやヒストリーがないため、

その信頼すらないと言うことである。

 




 

しかしアタシは、支払いすると何度も言ってるのに、

病院の都合で支払い出来ない状況で、

最終手段の取り立て屋を送って来るなんてっ!

 

 

理不尽にも程があるっ!!!💢

 

 

濡れ衣を着せられ、信用ガタ落ちって、

黙っちゃいられないアタシ!

 

とりあえず、取り立て屋に電話してみた。

 




 

信じられないが、

ここでは、あえて分かりやすく取り立て屋と明記したが、

まさに、イメージ通りの取り立て屋サウンド、

 

場末のサラ金に勤める、ヤル気のない、

疲れ切って老け込んだ、でも実年齢は30代らしき女性が、

(ディスクライブし過ぎっ!w)

 

「How can I help you?

要件は何?」

 

とてもヘルプしてくれるとは思えない、

いかにもヤル気なく訪ねて来た。

 

お宅から、取り立て請求が届きましたが、

私は払う予定でいたのに、クリニック側が・・・」

 

と説明をしているアタシを遮って、

 

「アカウント番号、」

 

とドスを効かせて言って来た。

 

アタシの説明は、全然聞いていない模様。

 




 

アカウント番号を告げると、

 

「名前、生年月日、

 

この人は、単語しか発しないのかよ?

会話すら面倒臭そうだった。

 

「$135ドル、

支払い方法は?」

 

「あ、ですから、さっきも言ったように、

私は払うつもりだったのに、

クリニック側が対応しなくて、

なのにコレクションカンパニーを送って来て、

非常に憤慨です!」

 

「だからだ払うの払わないの?」

 

えっ?

全然、話し聞いてない?

 




 

確かに貴方の仕事は、お金を払ってもらうことだけど、

もう少し、対応の仕方とかないんですかね?

 

「もちろん払いますが、

ここで払ったら、私のクリニックヒストリーに影響を及ぼしませんか?」

 

そんなの知らねぇ〜よ!

 

と言った感じで、

 

「クレジットカードナンバーは?」

 

サッサと払えやっ!

と促すように聞いて来た。

 

「ちょっとクレジットスコアが心配なので、

病院側に掛け合って、

この取り立て請求を破棄にしてもらい、

病院に直接払いますので!」

 

こんなにヤル気のない人になんか、

信用なくて払えん!

 

「Ok. あ、そっ。」

 

あっさりそう言って、

仕事が減って清清したわと言うような対応だった。

 




 

で、胃カメラセンターに、また連絡すると、

これまた録音音声で、繋がらねぇ〜し。

 

メッセージ残したけど、

絶対、折り返し電話して来ないだろうから、

 

根気よく電話をし続けると、

やっと人間に繋がった!

 

「すみません、請求書が、2ヶ月くらい前に届いたので、

お支払いのために電話しましたが、

その時、コンピュータのサーバーがダウンしたので、支払い処置が出来ないから、

直り次第、連絡下さる予定でしたが、

一度の連絡いただけず、

届いたのは、コレクションエージェンシーからの取り立て請求って、

どういうことですか?」

 

「しかし、こちらにには、

3月7日にお電話いただいていると記載されてますが、

今5月ですよ。」

 

2ヶ月も猶予を与えたのに、

支払いしなかったお前が悪い!

と言う口ぶりだった。

 

「いえいえ、その後、何度かお電話しましたが、

録音テープに流れるだけで、

メッセージを残しても、音沙汰ナシ!

どうやったら支払いできるんですか?」

 

「大変、申し訳ございません。」

 




 

「謝られても、こちらは信用問題にかかってるんです。

お宅のミスなのに、私の信頼度が落ちるなんて、

納得いきませんっ!

コレクションエージェンシーへの件、取り消してください!

と言うか、もう、エージェンシーから通達が来たから、

既に、私のクレジットヒストリーに影響が出てしまってるのでしょうか?」

 

「申し訳ございません、

それは、私には分かりかねます。」

 

「勝手にコレクションエージェンシーに送っておいて、

分かりませんって、そりゃないですよ!

 

とりあえず、今すぐに、支払いします。

だから、クレジットヒストリーに影響出ないようにして下さい。」

 




 

「今すぐ、ここでお支払いも可能ですが、

ここで処置すると、いったんエージェンシーに請求書が回ってしまっているので、

余計に時間がかかります。

直接、エイジェンシーにお支払いした方が、

直ぐに処理されますので、そちらを勧めます。」

 

「分かりました。そうしますが、

ちょっと一言いわせてください。

これは、貴方のせいではありませんが、

そちらの支払いシステムが悪すぎて、

私と同じ目に合ってる人がいると思うので、

改善されることを願います。」

 

って、こんなこと言ったけど、

響いてないんだろうな、

お客様の声なんて・・・。

 




 

と言うことで、

 

人生は、不条理でございます。

 

結局、コレクションエージェンシーから通達が来て、

直ぐに支払いましたが、

アタシのクレジットヒストリーに影響を及ぼすのか?

そちらに詳しい方、ぜひコメントを!

 

(まぁ、家とか車とか、買う予定ないからいいんだけど・・・。)

 




 

ではでは、次回は、不条理な世の中で、

理不尽な不妊治療を受けまくりっ!

 

 

採卵 真近なのに、大丈夫なのか?

をお届けします。

 




 

 

本日のハッピー赤ちゃん展覧会!

 

東京にお住いの、アキくん (4ヶ月)

 

 

スヤスヤ萌えぇぇ〜💕

顕微授精で授かりました~❤

 

 

さ、さわりたいっ!

 

こちらは、9ヶ月に成長しましたよ~。

 

 

マジ天使やっ!!!♥

 

引き続き、NYこりんごラジオ、Happy赤ちゃん展覧会

出場ベビちゃん募集中!

 

nykoringoradio@gmail.com

 

公には出来ないベビちゃんも、

こりんごだけに、

コッソリ送って下さるのも Welcomeです!

 

ブログ登場OKの方は、

在住地、ベビちゃんネーム(ニックネームも可)、

ベビちゃんの年齢、

可能であれば簡単な不妊治療歴などもお知らせください。

 




 

本日の動画は、胃カメラ飲んで来た日のビデオね。

 

 

遂にYouTubeのサブスクライバーが

670人に達成!㊗️

ありがとうございます!!!

 

1000人まで、あと330人!

コツコツ行くわよ!

 

応援よろしくお願いします!

 




 

NYこりんごラジオYouTubeチャンネルでは、

海外で頑張る人インタビュー以外にも、

今、コロナ禍のニューヨークの街の様子など、

毎日YouTubeでリポートしております。

サブスクライバー1000人目指しておりますので、

よかったら NYこりんごラジオYouTubeチャンネル登録してくださいっ!

 




 

メアド登録して下さった皆様には将来的に、

何か面白いイベントやら、告知を日頃の感謝を込めて、

贈ることも検討中なので、

ぜひ、ブログの方もサブスクライブしてね。

(ウザい?)

 




 

    

 

 

-とんでもアメリカ生活

Copyright© NYこりんご , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.